東京都中央区:小網神社

小網神社 東京都

小網神社(こあみじんじゃ)は、東京都中央区日本橋の神社。稲荷大神を主祭神とする。伊勢神宮を本宗として、文正元年(1466)に産業繁栄と疫病鎮静の神として鎮座された。

その昔、太田道灌はこの神社に崇敬し、ときどき参拝し、社地を奉じ、社殿を造営したと言われ、小網の名も彼が付けたといわれている。

また「小網町」という地名もこの神社から付けられたものである。戦時下において、この神社の「強運厄除守」を奉載した者の多くが無事帰還したことから、各地から強運厄除けの授かりをうける参拝者が多かった。

日本橋七福神の福禄寿と弁財天が祀られている。福禄寿は福徳長寿の神、また弁財天は営業隆昌、学芸成就の神として、親しまれている。

境内に涌く水「銭洗いの水」でお金を洗うと、商売繁盛お金が貯まるといわれている。5月の大祭には東部有数の神社大御輿で賑う。11月下旬には奇祭どぶろく祭りが行われる。日本橋の金運アップと厄除けで有名な神社で、 弁財天にちなんだお守りや縁結びのまゆ玉みくじが人気のパワースポットです。強運厄除けとしても有名です。

手水舎

小網神社 手水舎

鳥居をくぐってすぐ右には手水舎があります。二頭の龍が目印です。

拝殿

小網神社

社殿に施された「昇り龍」と「降り龍」の彫刻は「強運厄除の龍」として崇められています。

この強運厄除のご利益はとても強力なものだそうで「第二次世界大戦の際に、小網神社の御守をうけた兵士達が全員生還した」「東京大空襲の時、奇跡的に戦災を免れた」などの逸話があります。そのため小網神社は「強運厄除の神様」と呼ばれているのです。

小網福禄寿様

小網福禄寿様

鳥居と拝殿の間に福禄寿の像があります。小網神社は、日本橋七福神めぐりの対象神社のひとつです。

倉稲魂神 (うがのみたまのかみ)

別名稲荷大神と言われ、五穀豊穣、商売繁盛に御利益があるとされています。

市杵島比賣神 (いちきしまひめのかみ)

別名弁財天と同神とされている水の神です。金運・財運を高めるご利益があります。

福禄寿(ふくろくじゅ)

福徳・人徳・健康・長寿にご利益があるされています。

東京銭洗い弁天様

東京銭洗い弁天様

小網神社の弁財天は、万福舟乗弁財天(まんぷくふなのりべんざいてん)と呼ばれ、古くから信仰されてきました。弁財天像の足元にある「銭洗いの井」で金銭を清めて、財布などに入れておくと財運を授かるとされていることから「東京銭洗い弁天」とも呼ばれています。

こちらでは、硬貨をザルにいれ、井に浸してお清めすると種銭となって、財運が向上するといわれています。

【硬貨の清め方手順】

1.お手持ちの硬貨などを右下にあるザルにいれ、井に浸してお清めをします。
2.清めた硬貨は使わないで、財布の中に納めておくと「種銭」となって、新たなお金を呼び財運向上のご利益があるといわれています。

御神徳

【御祭神】

倉稲魂神(うがのみたまのかみ)
市杵島比賣神(いちきしまひめのかみ)
福禄寿(ふくろくじゅ)

【ご利益】

強運厄除財運向上学計成就病気平癒渡航安全 など

小網神社は、強運・厄除け神社としてもとても有名です。その理由は、御由緒からきています。西暦1466年に悪疫が流行しました。開基・恵心僧都が当時の庵主の夢枕にたち、稲荷大神と崇めれば、悪疫は消滅すると告げられました。そして、神社を創建して、祈願しつづけた結果、悪疫がおさまりました。
第二次世界大戦の中、国のために戦場に向かう兵士が小網神社で参拝し、お守りをもって戦地に向かい、祈願した兵士が全員無事に生還したことから、強運につよい神社として有名になりました。

アクセス

地下鉄人形町駅A2出口から徒歩で5分
拝観時間  9時00分~17時00分
拝観料   無料
住所    東京都中央区日本橋小網町16-23

東京パワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました