東京都武蔵野市:井の頭恩賜公園

井の頭恩賜公園 東京都

井の頭恩賜公園(いのかしらおんしこうえん)は、東京都武蔵野市と三鷹市にまたがる東京都の都立公園である。面積は約380,000平方メートル。1917年開園。「井の頭公園」と通称される。

石神井池・善福寺池と並び、武蔵野三大湧水池として知られる井の頭池を中心とする。井の頭池は北西方向の先が二つに分かれた細長い池の形をしており、東南方向からは井の頭池を源流としている神田川が流れている。

神田川に沿って公園がしばらく続いており、並んで走る京王井の頭線の井の頭公園駅がある。

公園内の「井の頭弁財天」が、パワースポットとして注目されている。井の頭弁財天は、関東源氏の祖・源経基が弁財天女像をここに安置し、その後、源頼朝が宮社を建立。新田義貞が戦勝祈願をしたという。

弁財天は元々水の神様で、井の頭弁財天も池の中に祀られたが、後に財宝を授ける女神としての信仰が強くなり、本堂の裏には銭洗いの場が設けられている。ざるにお金を入れて洗うと金運が上昇するという。

本堂には弁財天の他にも、七福神の大黒天と毘沙門天も祀られる。

井の頭公園には、「池のボートにカップルで乗ると分かれる」という都市伝説があるが、弁財天にお参りすると仲良くなる、と言われている。

また井の頭公園の奥には、徳川家康がお茶を立てるのに用いたという湧き水、通称「お茶の水」がパワースポットと言われている。井の頭弁財天は、金運アップや縁結びのご利益があるとされています。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

お茶の水の井戸

その昔、この辺り一帯は、徳川家康の鷹狩りの場所でした。鷹狩りの際、この井戸でお茶を点てたところ、ものすごくおいしかったので贔屓にしていたそうです。お茶を点てるための井戸だから「お茶の水の井戸」と名付けられました。

また、「井の頭」という地名は、鷹狩りに来ていた三代将軍家光が名付けたそうです。お茶の水の井戸が一番おいしいという意味で、井戸の1番、井戸の頭、井の頭となったのだそうです。徳川家から愛されていたお茶の水の井戸ですが、今もなお湧き水は絶えていません。勝負運や金運が強化されるとも言われています。

アクセス

JR吉祥寺駅から徒歩で5分
京王井の頭線 井の頭公園駅から徒歩で1分

住所    東京都三鷹市井の頭3丁目・4丁目 下連雀1丁目 牟礼4丁目

東京パワースポット一覧

類似のパワースポット

東京都品川区:池田山公園

池田山公園(いけだやまこうえん)は、東京都品川区東五反田にある品川区立の公園である。池田山の高台を生かした高低差のある公園で、池や滝を中心に江戸時代の回遊式庭園を中心とした造りとなっている。

池田山公園は風水でいう龍穴に当たり、富士山から発する龍脈が入ってくる場所と言われる。疲れている時のリフレッシュにもよいとされる。

詳細はここをタップ

東京都台東区:上野恩賜公園

上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)は、東京都台東区にある公園。通称上野公園。「上野の森」とも呼ばれ、武蔵野台地末端の舌状台地「上野台」に公園が位置することから、「上野の山」とも呼ばれる。

公園内には博物館、動物園等、多くの文化施設が存在する。「上野公園」は台東区の町名でもある。公園内に花園稲荷神社や不忍池などの強力なパワースポットがある他、付近一帯に神社仏閣が多いため、パワースポット巡りの拠点に最適

天海僧正の毛髪を治めた宝塔、天海僧正毛髪塔(てんかいそうじょうもうはつとう)があり、パワースポットと言われている。慶安5年(1652)に弟子の義海によって建立された。江戸城から見た鬼門にあたる場所で、鬼門封じに毛髪を埋めたとされている。

金運アップにご利益があると有名なパワースポットです。また、開運、浄化、縁結び、商売繁盛など多様なご利益があるという。

詳細はここをタップ

群馬県利根郡:尾瀬国立公園

尾瀬国立公園(おぜ・こくりつこうえん)は福島県、栃木県、群馬県、新潟県の4県にまたがる国立公園である。開運のご利益があるとされています。

2007年8月30日に日光国立公園から尾瀬地域25,203ha(現・尾瀬国立公園の67.75%にあたる)を分割し、会津駒ヶ岳、田代山、帝釈山など周辺地域を編入する形で指定された。釧路湿原国立公園以来20年ぶりに新設された29番目の国立公園である。総面積は37,200haである。

詳細はここをタップ

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました