福島県耶麻郡:小平潟天満宮

福島県

小平潟天満宮(こびらがたてんまんぐう)は福島県耶麻郡猪苗代町中小松にある神社。猪苗代湖畔にある。祭神は菅原道真。大宰府天満宮、北野天満宮と並んで日本三大天神とする説がある。

小平潟天満宮の造営については次のような伝承がある。天暦2年(948年)、近江国比良神社の神主・神良種が摂津国須磨で見つけた菅原道真の神像を持って旅をし、猪苗代湖畔に辿り着いた。良種はその地で休み、再び歩き出そうとして立ち上がった。しかし、道真の神像が急に重くなり動かなくなってしまった。よくみるとその地は須磨とよく似た景色であった。そのため良種はこの地を神像の鎮座の地とすることにし、耶麻郡大領上毛野陸奥臣に申し出て天満宮を勧請した。このとき、小出方村という地名だったこの地を摂津国平潟にちなんで小平潟に改めたという。道真のご利益を頂けると有名です。

御神徳

【御祭神】

金山毘古命(かなやまひこのみこと)
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
月読命(つきよみのみこと)

【ご利益】

守護(特に厄除け・除禍、雷除け)健康(特に病気平癒)仕事(特に就職、立身出世)芸能・職業・技術(特に学芸・芸能・技芸向上、文筆業、和歌の上達)学問(特に受験合格、学業成就)旅行・交通(特に交通安全、旅行安全)救済(特に衆生救済・滅罪)農業畜産(特に農業全般)

アクセス

猪苗代駅からバスで10分
拝観時間  自由
拝観料   無料
住所    福島県耶麻郡猪苗代町中小松西浜甲1615

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました