【群馬】高崎白衣大観音|良縁を結ぶ赤い糸 パワースポット 高崎白衣大観音(慈眼院)

高崎白衣大観音 群馬県

高崎白衣大観音(たかさきびゃくえだいかんのん)は、群馬県高崎市の高崎観音山丘陵にある大観音(白衣観音)像である。同市のシンボルとなっており、高野山真言宗慈眼院の境内にある。通称「高崎観音(たかさきかんのん)」。

鎌倉時代に創建された由緒正しい慈眼院は、高野山金剛峯寺(こんごうぶじ)とも深い縁で繋がっており、金剛峯寺の強力なパワーも宿しているため、群馬県で最強のパワースポットになっています。

1936(昭和11)年、実業家井上保三郎によって建立された鉄筋コンクリート製の大観音で、高さ41.8m、重さは5,985t。原型製作は伊勢崎市出身の彫刻家森村酉三。その原型を自転車で運んだのが元首相の田中角栄だったという逸話もある。

観音山の山頂、標高190mの地点にあり、建立当時は世界最大の観音像であった。縁結びのパワースポットで、良縁結びのご利益があるとされています。土用護摩を焚き、円光くぐりの後、参道からひびき橋のたもとまで1万本のろうそくや灯籠を並べ、先祖供養、家内安全、商売繁盛、諸願成就などを祈願する。

キュアアミド

慈眼院のパワースポット・見どころ

白衣大観音のすぐ隣には慈眼院本堂があり、境内を参拝するならばここが出発点となります。本堂は高崎千体観音堂とも言われ、堂内にはお寺を支える1000人の施主から奉納された観音像が配置されており、地元の人々のあつい信仰心が感じられます。

大師堂

高野山真言宗を開いた弘法大師に縁のある寺社が1995年に「関東八十八箇所」巡りの場に指定されことを受けて、この大師堂も第一霊場とされました。筆の達人でもあった弘法大師像と知恵を授ける虚空蔵菩薩像がまつられ、学業成就のご利益が得られます。

高崎白衣大観音

高崎白衣大観音

観音様は左手に巻物を持っていますが、実はこの巻物「鎌倉の大仏様からのラブレター」だと言われています。都市伝説によれば鎌倉の大仏様と高崎の観音様は恋人同士でしたが、遠距離恋愛の末に別れてしまいました。そのためカップルで白衣大観音を参拝すると、やがて別れてしまうといわれています。このジンクスが気になる方はカップルでは参拝しないようにしましょう。

高崎市民から観音様という愛称で呼ばれている白衣大観音、その胎内へ入ることもできます。拝観有料なので左側の入口で手続きを済ませましょう。胎内に入れば計146段の階段を、高さ40m近い9階まで上ります。

白衣大観音の胎内には20体におよぶ仏像や僧侶の像が、さらにはカラフルに彩色された鬼子母神や日蓮聖人などの像が立ち並びます。146段の階段を上りきればそこは観音様の肩の部分、円い窓の向こうには高崎市街や関東平野・群馬県の山々が広がっています。

光音堂

お堂の中には金色に輝く聖観音菩薩座像。光音堂は一願観音という別名があり、ひとつだけ願い事を叶えてくださるのです。特に縁結びなど恋愛成就のご利益があるためすぐ前にある絵馬掛けには、恋の願いが書かれたハート型の絵馬がたくさん飾られています。

高崎白衣大観音のご利益

カップルで訪れると破局するという都市伝説がある一方で、白衣大観音はやはり恋愛成就のパワースポットなのではと注目されています。

それを象徴するのがバレンタインデーからホワイトデーまでの期間に行われる「赤い糸祈願祭」で、観音様の指から垂らされた約30mの赤い糸を自らの小指に絡ませると、太陽の光にまるで指環のように輝いて良縁に恵まれるというものです。

縁結び祈願祭

高崎白衣観音の小指から赤い糸が垂らされ「縁結び祈願祭」が行われます。

その赤い糸は30メートルもの長さ。縁結び祈願祭の期間中は、この赤い糸を自分の小指に巻きつけて良縁を祈願することができます。

恋愛成就を願う若い女性が大勢訪れますが「縁結び」とは男女の縁だけとは限りません。人との出会いやビジネスなども「縁」です。良縁を願う人にオススメです。

Info

参考URL 観音山 慈眼院|群馬県高崎市
アクセス 高崎駅西口からバスで20分
観音山頂下車から徒歩で5分
関越自動車道高崎ICから車で20分
拝観時間 9:00~17:00
冬 9:00~16:30
拝観料
住所 〒370-0864 群馬県高崎市石原町2710−1
一覧 群馬県のパワースポット一覧

47都道府県別パワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました