神奈川県藤沢市:江島神社

神奈川県

江島神社(えのしまじんじゃ)は、神奈川県藤沢市江の島にある神社である。日本三大弁天の一つに数えられる。

宗像三女神を祀る。島の西方の「奥津宮(おくつみや)」に多紀理比賣命、中央の「中津宮(なかつみや)」に市寸島比賣命、北方の「辺津宮(へつみや)」に田寸津比賣命をそれぞれ祀り、「江島大神」と総称する。

江戸時代までは弁財天を祀っており、江島弁天・江島明神と呼ばれた。現在の祭神は明治の神仏分離の際に改められたものである。辺津宮境内の奉安殿には八臂弁財天と妙音弁財天が安置されている。

江島神社は、縁結びの神様としても有名。御神木である「むすびの樹」には、絵馬がたくさんかけられている。一緒に鐘を鳴らすと絆が深まるという「龍恋の鐘」もある。

奥津宮境内の傍らに祀られている洞穴のような龍宮大神(わだつみのみやおおかみ)がパワースポットとして注目されている。

江島神社辺津宮の向かい側にある銭洗白龍王(白龍池の白龍王)も金運スポットとして知られる。白龍王黄金浄水の水源には徳力製の純金の小判が秘められてあり、この御霊水で金銭を洗うと、金運向上、財宝福徳の御利益があるという。

また、3回撫でながら心願成就や運気向上を祈念する「打ち出の小槌」、「小槌守」というお守りがある。三女神をご祭神とする神社で、恋愛運だけでなく金運、勝負運などのご利益があるとされています。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

龍宮

江島神社は日本三大弁財天のひとつを奉り、金運・仕事運(芸能)・恋愛運を高める神社。

中でも「龍宮(わだつみのみや)」は、江島神社の3姉妹の神様が奉納された場所「岩屋」の真上にあたるため、江島神社の中でも最強のパワースポットといわれています。

江の島は湧出以来龍のすむ所と言われ、古来より龍神は弁財天信仰と習合し、密接な結びつきから江島縁起を始め多くの伝説が残っている。「太平記」には時の執権、北条時政が江の島に参篭して子孫の繁栄を祈った時に、龍(大蛇)が現れ、三つの鱗を落とせり、時政祈願成就とよろこびその三鱗を授かり家紋となす。或るいは北条貞時が悪夢を見、龍池に赴くと金銅の龍頭を見たと或るいは「足利治乱記」には海に夜毎光ありて白龍長さ廿丈許なるが海中から出て、絵島石穴に飛入るを諸人多見之と謡曲「江ノ島」には天女が龍神と姿を現じて、七難即滅七福即生悪事災難を払ひて諸願成就を宣う御声も新たに聞こえとある。
伝説は多く残されており、この神秘なる趣意を鑑み平成六年九月吉日に当社発祥地たる岩屋洞窟の真上に御鎮座となった。

江島神社

江ノ島弁天橋を渡ると、まずは青銅の鳥居があります。江ノ島神社のご利益のひとつに「悪縁切り」があるので、カップルやご夫婦で参拝されるとき、縁切りが気になる方は別々でくぐるのがよいでしょう。

蟇石(がまいし)

エスカー乗り場の隣ひとつの奇岩があります。これは蟇石(がまいし)と言います。

その昔、江ノ島で修行をしていた慈悲上人と呼ばれた良真が、邪魔をする悪いガマを法力念力で石に化したと言われる伝説の石です。

無熱地

無熱地は龍が住んでいて、どんな日照りのときでも水が枯れた事がないという伝説の池です。厄除けのご利益があるパワースポットです。

瑞心門

朱の鳥居をくぐると目の前に見えるのがこちらの瑞心門(ずいしんもん)です。この珍しい形の門は龍宮城をイメージしたもので、「天女と五頭龍」の伝説があるなど龍との縁が深い江ノ島ならではの門とも言えます。

福石(ふくいし)

出世運アップのパワースポット。瑞心門から石段を数段上った所にあります。 江戸時代の盲目の鍼医・杉山和一(後の杉山検校)は、福石の所で弁財天から鍼術のヒントを授かり、最高位の関東総検校まで昇り詰めました。 福石の右脇の道を下り朱塗りの橋を渡った所に、杉山検校の墓があります。

辺津宮(へつみや)

江ノ島神社に入ると、はじめに到着するのがこの辺津宮(へつみや)です。一番下にあることから「下之宮(しものみや)」とも呼ばれています。江島大神三姉妹の女神一人、田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)が祀られています。拝殿前にある巾着形の珍しい賽銭箱は、お賽銭を入れると音が出る仕組みになっています。

ここには、茅の輪くぐりができる場所があり、厄除けにご利益があるとされています。

奉安殿

辺津宮の左にあるのがこの奉安殿(ほうあんでん)。この八角形の特徴的な形をした社殿には、神奈川県の重要文化財である八臂弁財天(はっぴべんざいてん)と、日本三大弁財天の1柱である妙音弁財天(みょうおんべんざいてん)が祀られています。金運アップ・勝負・芸能・芸術的才能アップにご利益があるとされています。

八坂神社

健康運アップのパワースポット。奉安殿の左隣にあり、宗像三女神の父神・須佐之男命(すさのおのみこと)を祀ります。

むすびの樹

むすびの樹といわれる大きな銀杏があります。デートスポットとしても知られ、ピンクの絵馬が多くあり、良縁成就のご利益があるとされています。

奥津宮

天井に「八方睨みの亀」が描かれていることでも有名な奥津宮。の位置から見ても亀ににらまれているように見えるデザインで、藤沢市の有形文化財にも指定されています。海を守る神である多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)が祀られています。

江の島岩屋

江の島岩屋の洞窟は江島神社の発祥地で、古来より龍神が棲む龍窟として信仰されてきた場所です。 修験道の開祖・役小角、弘法大師空海、日蓮聖人が修行し、源頼朝が戦勝祈願した場所でもあります。多くの高僧や武将が修行・祈願のために岩屋に籠り、「江の島参籠」と言われました。

御神徳

【御祭神】

奥津宮の多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)
中津宮の市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)
辺津宮の田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)

【ご利益】

縁結び・恋愛運・金運、財宝福徳・勝負・芸能・芸術的才能アップ・悪縁切り、厄落とし、災難除け

ご利益を高める三大ポイント

江島神社で開運のためのお参りには、3つのポイントがあります。

1 手前の辺津宮だけでなく、奉安殿(弁天堂)・中津宮・奥津宮・龍宮もきちんとお参りする
2 悪縁切りの名所なので、同行者とは別々に鳥居をくぐる
3 最奥エリアは午後は陰の気が強くなるので、早めの時間にお参りする

最強パワースポットの奥津宮・龍宮に行かない方が多く、本当にもったいないことです。すべてを参拝することで、バランスよく様々な願いを叶える運気をいただけます。訪れる際は、上記の3ポイントを忘れないように参拝しましょう。

アクセス

小田急片瀬江ノ島駅から徒歩で20分
拝観時間  8:30~17:00
拝観料   無料
住所    神奈川県藤沢市江の島2-3-8

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました