神奈川県小田原市:報徳二宮神社

神奈川県

報徳二宮神社(ほうとくにのみやじんじゃ)は、神奈川県小田原市にある二宮尊徳を祀る神社である。金次郎(二宮尊徳)さんの生地である小田原市の小田原城二の丸小峰曲輪の一角に、明治27年創建されました。旧社格は県社で、現在は神社本庁の別表神社となっている。学問、立身出世のご利益があるとされています。

金次郎像のイメージから学問の神様として親しまれています。また藩や村の財政再建・復興を行ったことから、経営、財福、商売繁盛など金運のご利益もあります。境内には、ご遺体全てが安置された史跡、二宮尊徳の墓や宝物館といった見どころがあります。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

報徳二宮神社のパワースポット・見どころ

報徳二宮神社の創建は、明治二十七年(1894)の4月です。

二宮尊徳翁の教えを慕う6カ国(伊勢、三河、遠江、駿河、甲斐、相模)の報徳社の総意により、翁を御祭神として、生誕地である小田原の、小田原城二の丸小峰曲輪の一角に神社が創建されたそうです。

城址口鳥居

「城址口鳥居」なんと、こちらの鳥居は、あの伊勢神宮の古材で造られています。みんなの想いがひとつとなって、このような形となりました。

平和である事に感謝し、日本の素晴らしい文化を後世につなげるためにも、大事にしていきたいものですね。

二宮尊徳翁像

二の鳥居をくぐってすぐの左手に二宮尊徳翁像が立っています。

二宮金次郎像

三の鳥居をくぐってすぐ左手に二宮金次郎像が立っています。蒔を担ぎながら勉強している姿が印象的です。

昭和三年(1928)、昭和天皇即位御大礼記念として神戸の中村直吉氏より寄進されたものだそうです。

御神徳

【御祭神】

二宮尊行命 尊徳嫡子   (にのみやそんこう)
冨田高慶命 (尊徳高弟) (とみたこうけい)

【ご利益】

招福・開運・学業成就(合格)・商売繁盛(経営)・災難厄除・出世財福 など

アクセス

小田原駅から徒歩で15分
拝観時間  自由
拝観料   無料
住所    神奈川県小田原市城内8-10

神奈川のパワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました