神奈川県鎌倉市:円覚寺

神奈川県

円覚寺(えんがくじ)は神奈川県鎌倉市山ノ内にある禅宗の寺院で、臨済宗円覚寺派の大本山である。山号を瑞鹿山(ずいろくさん)と称し、寺号は詳しくは円覚興聖禅寺(えんがくこうしょうぜんじ)という。

本尊は釈迦如来、開基は北条時宗、開山は無学祖元である。なお、寺名は「えんがくじ」と濁音で読むのが正式である。

鎌倉時代の弘安5年(1282年)に鎌倉幕府執権北条時宗が元寇の戦没者追悼のため渡来僧の無学祖元を招いて創建した。北条得宗の祈祷寺となるなど、鎌倉時代を通じて北条氏に保護された。鎌倉五山の第二位。延命、利生などのご利益があるとされています。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

山門

入ってすぐ見えてくる山門は、三解脱さんげだつくう無相むそう無願むがん))を象徴し、煩悩を取り払う仏殿に至る門とされています。

神奈川県指定重要文化財で、楼上には通常非公開である十一面観音、十二神将、十六羅漢が祀られています。

仏殿

円覚寺のご本尊が祀られている仏殿は、大正12年の関東大震災で倒壊しましたが、昭和39年に再建されました。ご本尊は「宝冠釈迦如来」。冠を被っておられる事から、その名がついたそうです。天井の「白龍図」は、守谷多々志画伯によって描かれたものでとても立派で迫力があります。

舎利殿

舎利殿には、源実朝公が宋から請来したお釈迦様の歯「佛牙舎利ぶつげしゃり」が祀られています。

鎌倉時代に中国から伝えられた様式で最も美しい建物で、国宝にもなっています。屋根のこうばいや軒の反りの美しさが特徴。

「扇垂木」と呼ばれる、軒下から出ている上の段の垂木たるきが扇子の骨のように広がっている部分が見ものです。この「扇垂木」のおかげで屋根を一層大きく、建物全体を壮大に見せています。

妙高池(みょうこういけ)

円覚寺創建当時からある放生池。紅葉の時期になると、池の周りには真っ赤な紅葉が咲きほこりとても綺麗です。池には虎の頭に見立てた岩盤があり「虎頭岩ごとうがん」と呼ばれています。

円覚寺 ご利益

【ご本尊】

宝冠釈迦如来

【ご利益】

開運招福、厄除け、商売繁盛、事業繁栄、家内安全、諸縁吉祥、合格祈願、技能上達、延命、利生、母子擁護 など

アクセス

北鎌倉駅から徒歩で2分
鎌倉駅からバスで(北鎌倉 下車徒歩2分)
拝観時間  3月~11月 8:00~16:30 12月~2月 8:00~16:00
拝観料
住所    神奈川県鎌倉市山ノ内409

神奈川パワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました