東京都板橋区:赤塚不動の滝

赤塚不動の滝 東京都

赤塚不動の滝は東京都板橋区赤塚にある湧水。

江戸時代には、地元の人が富士山などの霊山に詣でる際に身を清める「禊(みそぎ)」の場として使われていた。

今は当時の水の勢いと同じようには出ていませんが、勢いのない滝を見るだけでも今までの歴史を感じることができるでしょう。

滝の上には不動明王の石像が二体祀られている。東京の名湧水57選に選定されている。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

赤塚不動の滝のご利益

赤塚不動の滝は、健康運アップが期待できるパワースポットとして有名です。

そのため「今よりもっと健康になりたい」「病気を少しでも治したい」と思っている方におすすめのパワースポットです。

アクセス

住所    東京都板橋区赤塚8-11

東京パワースポット一覧

類似のパワースポット

東京都青梅市:七代の滝

七代の滝は、東京都青梅市の御岳山にある滝。落差50mの大小8つの滝の集まりで、一般には一部分しか見られない。

御岳山の中でもとりわけマイナスイオンあふれるパワースポットと言われている。恋愛運上昇のご利益があるとされています。

御岳山のハイキングコースで、長尾平を過ぎて左側の道を選ぶと7代の滝に行かれます。急な下り道を30分程歩くと森林の中にひっそりと滝が現れます。大小7段の滝があるそうですが、実際には一部分しか見る事が出来ません。ロックガーデンに比べて人が少なく、静かなパワースポットです。

七代の滝の詳細はこちら

群馬県沼田市:吹割の滝

吹割の滝(ふきわれのたき)は、群馬県沼田市利根町にある滝。高さ7メートル、幅30メートル。奇岩が1.5キロメートルに渡って続く片品渓谷(吹割渓谷)にかかる。河床を割くように流れ、そこから水しぶきが吹き上げる様子からこの名が付けられた。天然記念物および名勝に指定されている。

900万年前に起こった火山の噴火による大規模な火砕流が冷固した溶結凝灰岩が片品川の流れによって侵食されてできたV字谷にかかり、そこに向かって三方から河川が流れ落ちるその姿から「東洋のナイアガラ」とも呼ばれる。

近くには「鱒飛の滝」がある。高さ8メートル、幅6メートルの滝で、遡上してきた鱒がここを越えることができずに止まってしまうことから、かつては「鱒止の滝」と呼ばれていた。

水の侵食により1年間で約7センチメートル上流に向かって遡行している。よけ、方位よけ、家内安全、交通安全、受験合格、産業開発のご利益があるとされています。

吹割の滝の詳細はこちら

茨城県久慈郡:袋田の滝

袋田の滝(ふくろだのたき)は、茨城県久慈郡大子町袋田にある滝。久慈川支流の滝川上流にあたり、長さ120m、幅73m。冬は「氷瀑」と呼ばれる、滝が凍結する現象が発生することがある。

茨城県指定名勝。茨城県北ジオパークのジオサイトの一つ。華厳滝、那智滝とともに日本三名瀑のひとつに挙げられる場合もあり、日本の滝百選にも選定されている。1990年(平成2年)に行われた日本の滝百選の人気投票では1位を取った。江戸時代は水戸藩の領地内であり、水戸黄門として知られる徳川光圀が訪れたことがあるとされる。

この滝の別名「四度の滝」は、滝川が4段に岩肌を落ちることから名づけられたとされる説と、昔、この地を訪れた西行が「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と、この滝を絶賛したと伝えられていることから名づけられたとされる説がある。

風水的に「富貴に恵まれ淫らになる」という意味のある地勢で、恋愛のパワースポットとも言われる。女性としての細かい気配りや心の清らかさを取り戻せ、苛立ちやストレスを解消、恋愛にポジティブになれるという。パワーを示すような不動明王も祀られている。滝の美しさやマイナスイオンで癒されるということに加えて、風水的に心が浄化され、感情の苛立ちやストレスを解消できる地勢とされる。下から見上げると良いとされています。

袋田の滝の詳細はこちら

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました