東京都港区:芝丸山古墳

芝丸山古墳 東京都

芝丸山古墳(しばまるやまこふん)は、東京都港区芝公園にある前方後円墳。東京都指定史跡に指定されている。

築造は5世紀中頃過ぎ(4世紀後半との説もある)とみられ、墳丘長125メートル(案内板では106メートル前後)という都内では最大級の規模である。江戸時代には後円部頂が崩され、広場になっていたとみられている。

都内の隠れパワースポットとも言われている。

中腹に祀られている円山随身稲荷大明神は増上寺が移築された際、ご本尊を守るために裏鬼門であるこの場所に建立されたという。

また、芝丸山古墳の麓や墳頂部にはソメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラなど、200本余りの桜の木があり、お花見スポットとして人気を集めている。木に囲まれており、清々しいエネルギーを発している。全体的に厳かで男性的な強いエネルギーが充満している。

芝丸山古墳 ご利益

全体的に厳かで男性的な強いエネルギーが感じられる。

古墳の周辺は不思議な安心感もある。

木に囲まれており優しいエネルギーがある。

自分を再確認するのに最適のスポット。瞑想、チャネリングにも最適。

アクセス

都営地下鉄:三田線「芝公園」・「御成門」下車徒歩2分 / 浅草線・大江戸線「大門」下車徒歩9分 / 大江戸線「赤羽橋」下車徒歩2分
東京メトロ:日比谷線「神谷町」下車徒歩5分
JR:「浜松町」下車徒歩12分

住所    東京都港区芝公園4-8

東京パワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました