東京都千代田区:神田明神

神田明神 東京都

神田明神(かんだみょうじん)は、東京都千代田区外神田二丁目にある神社。正式名称「神田神社」。神田・日本橋・秋葉原・大手町・丸の内・旧神田市場・築地魚市場など108か町会の総氏神。御祭神の一人、大己貴命は、七福神の一員である大国様と同一視され、福徳円満、縁結びを授けてくださる神さま。特に縁結びでは、男女の仲だけでなく、あらゆるものの幸福を願って縁を結んでくれると言われる。

社伝によれば、天平2年(730年)、武蔵国豊島郡芝崎村に入植した出雲系の氏族が、大己貴命を祖神として祀ったのに始まる。神田はもと伊勢神宮の御田(おみた=神田)があった土地で、神田の鎮めのために創建され、神田ノ宮と称した。

この神田明神を崇敬する者は成田山新勝寺を参拝してはいけない事と云われている。これは当時の朝廷から見て東国(関東)において叛乱を起した平将門を討伐するため、僧寛朝を神護寺護摩堂の空海作といわれる不動明王像と供に現在の成田山新勝寺へ使わせ平将門の乱鎮圧のため動護摩の儀式を行わせた。即ち、成田山新勝寺を参拝することは平将門を苦しめる事となるので、神田明神崇敬者は成田山の参詣をしてはならないとされている。

なお、同じく平将門を祭神とする築土神社にも同様の言い伝えがあり、成田山へ参詣するならば、道中に必ず災いが起こるとされた。平将門に対する信仰心は、祟りや厄災を鎮めることと密接に関わっていたのである。

秋葉原に近いためか、IT情報安全御守という変わったお守りがある。例年5月15日ごろに日本三大祭りの一つに数えられる神田祭が行われる。恋愛運や仕事運、勝負運の他、商売繁盛や健康、学業成就などのご利益があるとされています。24時間参拝できることでも有名です。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

随神門

神田明神 随神門

1975年に昭和天皇即位50年を記念して再建された「随神門」。外回りに朱雀や白虎、青龍、玄武の四神が彫られ、内周りには大黒神話がモチーフになった彫刻が施されています。二層目にある金箔が施された「繋馬」の彫刻は、平将門公に由来するものです。

社殿

神田明神 社殿

神田明神」で特に注目すべきなのが権現造りの社殿です。近代神社の建築を手掛けていた建築家伊東忠太、大江新太郎、佐藤功一らによって造られました。社殿には1944年の竣工当時には画期的であった鉄骨鉄筋コンクリートが使われています。その頑丈さは、東京大空襲を耐え抜いたほどです。 また、参拝者が靴を履いたまま拝礼できる構造が採用されています。江戸開府400年を記念する2003年に国の有形文化財登録されました。

江戸神社

江戸神社

神田明神社殿裏にある摂末社のひとつ「江戸神社」。「神田明神」よりも古い歴史を持つ、江戸最古の地主神とされています。祭神は建速須佐之男命です。建速須佐之男命は大伝馬町八雲神社、小舟町八雲神社と並んで須佐之男命の三天王とされています。

魚河岸 水神社

水神社

水の神である弥都波能売命 (ミツハノメノミコト)を祀る神社です。1590年頃に、漁師達が豊漁祈願や航海安全、子孫繁栄を願って大市場交易神を祀ったことが始まりとされています。ご利益は水難守護、五穀豊穣などです。

男坂

神田明神 男坂

男坂」は、神田神社の境内にある明神会館の脇にある石段の坂です。天保時代に神田の町火消しが石段と石灯籠を奉献したのが男坂の始まりと言われています。当時は、江戸湾を行き来する船にとって灯台の役目も果たしていました。アニメ「ラブライブ」の舞台となった場所でもあります。

夫婦の石獅子

神田明神 夫婦の石獅子

男坂からすぐ、力強くご鎮座された夫婦の石獅子には、瀧が流れています。区内に残る数少ない江戸期の石造物のーつで、幕末期に製作されたと考えられています。

神社境内の獅子山に据えられていましたが、1923年(大正12年)の関東大震災により、獅子山白体は崩壊してしまいました。

その際、子獅子は紛失しまいましたが、親獅子ニ頭は保存され、再建された獅子山に据えられました。

御神木のいちょうの樹

男坂を登ってすぐ御鎮座されるご神木の公孫樹(いちょう)江戸時代からこの地に育つ由緒ある御神木です。

関東大震災の際、神田明神の社殿をはじめ、あらゆる施設がことごとく炎上、崩壊した時、焼け跡に唯一残されたのがこの公孫樹。

震災で焼け残った公孫樹からひこばえ(若芽)が生えて育ちました。ひこばえは、被災にあいながらも立派な樹木となって親木を支えています。

公孫樹は災害、戦火の中でも生き残ったことから、今でも災難除け、厄除け、縁結び、復縁、再起のパワースポットとして信仰されています。

力石(大盤石)

力石」は、若者達が力くらべに使っていたとされる石です。神田明神の力石の大きさは直径80センチ、短径67センチ。文化財に指定されています。江戸時代の若者たちの風俗・娯楽が垣間見れる資料です。

御神徳

【御祭神】

大己貴命(おおなむちのみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)
平将門命(たいらのまさかどのみこと)

【ご利益】

恋愛運、仕事運、勝負運、商売繁盛、健康、学業成就 など

神田祭

「神田明神(神田神社)」で最も有名な祭事が、5月の「神田祭」です。徳川将軍が上覧したと伝わる祭で、「山王祭」や「深川祭」と並び「江戸の三大祭」のひとつとされています。

また、京都の「祇園祭」や、大阪の「天神祭」とともに「日本の三大祭」にも挙げられている祭事です。近年では、アニメ「ラブライブ!」とのコラボグッズが発売され、話題となりました。

アクセス

JR:中央線・総武線「御茶ノ水駅」(聖橋口)より徒歩5分 / 京浜東北線・山手線「秋葉原駅」(電気街口)より徒歩7分
東京メトロ:丸ノ内線「御茶ノ水駅」(1番口)より徒歩5分 / 東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」(B1出入口)より徒歩5分 / 東京メトロ銀座線「末広町駅」より徒歩5分 / 東京メトロ日比谷線「秋葉原駅」より徒歩7分
拝観時間  自由
拝観料   無料
住所    東京都千代田区外神田2-16-2

東京パワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました