東京都新宿区:皆中稲荷神社

皆中稲荷神社 東京都

皆中稲荷神社(かいちゅういなりじんじゃ)は東京都新宿区百人町にある稲荷神社である。JR新大久保駅の西約100mの市街地に鎮座している。

賭け事に御利益があるとして有名な神社である。近年はギャンブルや投資のパワースポットとして人気。百人町という地名は、寛永年間に徳川幕府が「鉄砲百人隊」を駐屯させたことに、その名を由来する。

ここで鉄砲組与力が射撃の研究に熱心に取り組んだが、思うように的中率が上がらないでいると、眠っている時に稲荷乃大神が夢枕に立たれ霊符を示された。翌朝、不可解なまま社頭にお参りを済ませ、大矢場にて射撃を試みたところ百発百中、見事な進境に驚いたという。

これを見た旗本の士が競って霊符を受け射撃をしたところ、ことごとく的中。この話が、近郷近在に伝わり射撃のみでなく様々な願い事をする参詣者が殺到した。ここから「皆中(みなあたる)の神社」と称えられるようになったという。宝くじがあたる、ギャンブル運が上がるということで人気で、金運アップにご利益があるとされています。

御神徳

【御祭神】

宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)
伊邪那岐之大神(いざなぎのおおかみ)
伊邪那美之大神(いざなみのおおかみ)
諏訪大神(すわだいじん)
日本武命(やまとたけるのみこと)

【ご利益】

金運・招福・開運・商売繁盛、五穀豊穣、芸能上達、縁結び など

天文2年(1533)9月のある夜、射撃の腕前がなかなか上達せず悩んでいた鉄砲組与力の夢の中に「稲荷大明神」という神様が現れ、射撃を伝授しました。翌朝、鉄砲組がその神様が祀られている神社にお参りをしてから、射撃を試みたところ百発百中、すべての弾が的に当たるようになった。
この話を聞きつけて参拝に訪れた人々は、この神社のことを「皆中(みなあたる)の稲荷」と称えるようになり、その結果「皆中稲荷神社」と呼ばれるようになりました。現在では「賭け事の神様」としても親しまれています。

アクセス

新大久保駅から徒歩で2分
拝観時間  自由
拝観料   無料
住所    東京都新宿区百人町1丁目11-16

東京パワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました