東京都大田区:本門寺(池上本門寺)

本門寺 東京都

本門寺(ほんもんじ)は、東京都大田区池上1丁目1番1号にある、日蓮宗の大本山。山号は長栄山池上本門寺ともいう。

本門寺は、日蓮が生涯最後の20数日間を過ごし死去した、武蔵国千束郷(東京都大田区池上)の地に建てられた寺院である。弘安5年(1282年)9月8日、当時61歳で病をかかえていた日蓮は、本拠地の身延山をあとにした。常陸(茨城県)の湯治場へ病気療養へ向かう予定だったという。9月18日、日蓮は武蔵国千束郷にあった鎌倉幕府の御家人・池上宗仲の屋敷に到着し、10月13日、ここで没した。日蓮が荼毘に付された後、池上宗仲が土地を寄進し、日蓮の弟子の日朗が伽藍を建立したのが本門寺であるとされている。

なお、池上宗仲の屋敷跡は本門寺西側の谷下にあり、本行寺という寺になっている。

鎌倉・室町時代を通じて関東武士の庇護を受け、近世に入ってからも徳川家や諸侯の祈願寺となり栄えた。第二次世界大戦の空襲によって五重塔、総門、経蔵、宝塔を除く堂宇を焼失した。

力道山が眠る土地として、格闘家の参拝も多い。池上本門寺周辺の池上は、「くず餅発祥の地」とも言われており、江戸時代創業のくず餅屋の老舗が数店ある。

心願成就や厄除けのご利益で知られるが、日朝上人が祀られている日朝堂は眼病のご利益があるという。本殿にはお釈迦様の骨と日連聖人の骨が入っており、パワースポットとして知られており、心願成就と厄除けにご利益があるとされています。

日朝堂

本門寺

眼病にご利益があるパワースポット。お堂の前の浄行菩薩は、自分の体の悪いところを洗うことで良くなるご利益がある。

経蔵

経蔵

大田区の文化財。経蔵はお経を納めておく蔵だそうです。 この文化財は外観のみ公開しています。

此経難持坂(しきょうなんじざか)

此経難持坂

96段あるけっこう急な石段です。「法華経」宝塔品(ほうとうぼん)の詩句96文字にちなんで石段を96段にしたそうです。

浄行菩薩

浄行菩薩

自分の体の痛いところを洗うと楽になるご利益があるという浄行菩薩。

長栄堂

長栄堂

長栄大威徳天(ちょうえいだいいとくてん)が祀られている。健康・勉強・厄除けに効果があるパワースポット。

大堂

大堂

昭和39年に再建されたもので、一番最初ものもは、加藤清正公が建立。そのときは間口が25間もある大建築だった。現在の間口は15間。

本殿

池上本門寺 本殿

現代的な鉄筋コンクリート造の仏堂建築として評価が高いそうです。本堂の手前から厳かな雰囲気に包まれていました。

五重塔

池上本門寺 五重塔

関東の五重塔で一番古い塔。15歳の秀忠公が疱瘡にかかったとき、乳母の正心院が多くから池上へ日産し病気平癒を祈願。疱瘡が快癒した御礼と武運長久を祈り建立されたもの。

作られた時期は江戸だが技術的には桃山時代の技術が多く使われている。桃山気の五重塔は全国でここだけなので、大変貴重です。

御廟所

御廟所

宗祖日蓮聖人の御灰骨を奉安する墓塔を廟堂内中央におまつりする。

多宝塔

池上本門寺 多宝塔

日蓮聖人御入滅の折の御荼毘所。「境内に建立された大型の多宝塔として、全国的にも類例の少ない、極めて貴重な遺構」だそうです。

ご利益

池上本門寺のご本尊

生身・孝道示現の御尊像

池上本門寺のご利益

心願成就、厄除け

池上本門寺の属性

池上本門寺は地属性のパワースポットとされています。

地属性は「忍耐力・継続力・蓄積力」を持っている人です。縁の下の力持ちで、影のリーダータイプです。
とにかく我慢強い、継続できる力があります。ただ、頑固で融通が利かない人で、視野が狭くなりがちです。
視野を広く持っていかないと小さいところで躓いてしまいます。
広い視野を持つために地属性のパワースポットを訪れましょう!

アクセス

東急池上線池上駅から徒歩で10分
都営浅草線西馬込駅から徒歩で12分

住所    東京都大田区池上1丁目1

東京パワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました