東京都中野区:新井山 梅照院

高品質・低価格なサプリメントならネイル-Nail-
東京都

梅照院(ばいしょういん)とは、東京都中野区にある真言宗豊山派の寺院。一般には、新井薬師として知られている。正式名称は新井山梅照院薬王寺(あらいさんばいしょういんやくおうじ)。

中野区最大の寺院であり、西武新宿線の駅名にもなるなど、都内でも有数の著名寺院である。駅前から山門にかけて、商店街や出店も広がり、地域住民からも薬師様として古来より親しまれている。なお、新井の名は当地で新たに井戸を掘ったことに由来するもので、足立区にある西新井大師と同じ真言宗豊山派の寺院。

高尾山薬王院、日向薬師、峰の薬師とともに武相四大薬師に数えられる。徳川家2代将軍の秀忠公の第5子和子が患った、眼病が祈願して快癒したことから目の薬師として昔から多く信仰されてきた。目の病気にも良いとされるので、「目の薬師」とも呼ばれ、「めめ」絵馬がある。眼病平癒・厄除けのご利益があるとされています。

めめ絵馬

新井薬師梅照院のご利益は、なんと言っても「眼病平癒」が一番のご利益と云われます。そんなこともあり新井薬師梅照院の授与品に「めめ絵馬」があります。絵馬のそもそもは、祈願する。或いは祈願した成果のお礼として、奉納する絵を書いた木札です。

新井薬師梅照院では、眼病平癒のご利益の願いと願いがかなったお礼の意味を込めて「め」のひらがな文字を並べて絵馬にした「めめ絵馬」を授与料1000円で販売しています。めめ絵馬は、寺務所でお参りの際に購入できます。おすすめの人気めめ絵馬です。

白龍権現水

東京23区の名水とも言われる新井薬師梅照院の白龍権現水があります。新井薬師梅照院の本堂裏手の大悲殿前に、倶利伽羅剣の龍の口から湧き出ています。白龍が導いたと云われる大井戸です。

新井薬師公園の瓢箪池の湧水が枯渇し、瓢箪池の白蛇を供養するため、大悲殿を建立する整地作業の時に、御影石に保護された井戸が発見されました。それが権現様のお導と云われる白龍権現水でした。白龍権現水は、おすすめの人気見どころです。

本堂

お賽銭箱のすぐ隣にはとても大きな狛犬像があります。そして、それぞれの奥には薬師如来をお守りする十二神将像が安置されています。

十二神将

庭に植わる梅の古木から出現したと伝わる新井薬師梅照院の薬師如来です。そして、薬師如来を祀る薬師堂を建立したことが梅照院の始まりとも伝えられています。そんな新井薬師梅照院のご本尊薬師如来には、十二神将との深い関係性があると云われています。

薬師如来は、病気を治して衣食住を満たすという「十二の大願」を立て、生きている間に願いを叶えてくれると言われます。現世に安らぎを与えてくれるという特徴がある、病気平癒(特に、眼病)にご利益がある薬師如来です。

新井山 梅照院のご利益

徳川幕府の二代将軍、徳川秀忠公の第5子である和子が患った悪質な眼病をこちらで祈願したところ、快癒したことから「目の薬師」といわれています。

また、第五世玄鏡が如来の啓示によって秀れた小児薬を調整したことから「子育て薬師」としも広く知られています。

新井薬師の御本尊である、薬師如来と如意輪観音像は、弘法大師空海が作ったと言われており、真言密教の歴史に触れるのもまた一興です。 新井薬師は厄除けの寺としても有名です。 毎月8日18日28日と8が付く日は、護摩焚き祈祷を行っております。 厄年が近い方は新井薬師に頼ってみるのも良いかもしれません

新井山 梅照院の属性

新井山 梅照院は火属性のパワースポットとされています。

火属性は「行動・思考」を原動力としている人です。
物事を達成させる底力を持っているのですが、努力を欠きやすい傾向にあります。
火属性の方に大切なのは行動力です。

火属性のパワースポットに訪れることで、何かキッカケを生む状況を作るのがよいでしょう。
そうすると感情がエネルギーが活性化され、行動力できっと目標を達成できるとされています。

アクセス

西武新宿線「新井薬師前」駅から徒歩で6分
拝観時間  9時00分~17時00分

住所    東京都中野区新井5-3-5

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました