東京都渋谷区:代々木八幡宮

高品質・低価格なサプリメントならネイル-Nail-
東京都

代々木八幡宮(よよぎはちまんぐう)は、東京都渋谷区代々木にある神社である。

八幡神として応神天皇を主座に祀り、天祖社・天照大神、白山社・白山大神を配祀する。交通量の多い山手通り沿いの小高い丘の上にある神社だが、長い石段を上り詰めるとそこは、緑の多い騒音も上がってこない別世界である。

昭和25年、境内の発掘調査が行われ、縄文時代の住居跡などが発見された。境内に竪穴式住居を復元したものがある。「代々木八幡遺跡」として渋谷区の史跡に指定されている。

また、代々木八幡宮は縁結びの神社としても知られ、ローズクォーツでできた勾玉の形のお守りがある。境内の出世稲荷神社がパワースポットとして知られる。また富士塚に登り富士山の方向に向かって礼拝することで厄除開運・恋愛成就・安産などの御利益があるという。武運の神様、勝利の神様として知られています。 このため、成功や勝利に関するご利益があるといわれています。多くの芸能人の方も参拝しているとても人気の神社です。

出世稲荷八幡宮

出世稲荷八幡宮」は、最近はマスコミに採り上げられてから、一段と人気がアップしています。代々木という土地柄もあって、出世を願う芸能人や有名人がこっそりとお参りに来るような場所になっているそうです。

やはり、出世開運のご利益はありがたいもので、世の中の多くの人がそう願うものです。代々木八幡宮の境内にある末社ですが、わざわざ「出世稲荷八幡宮」にお参りに来る人も多く、代々木八幡宮の見どころというよりも、必須参拝スポットです。

代々木八幡遺跡(古代住居跡)

境内にある「代々木八幡遺跡(古代住居跡)」は、昭和25年(1950年)に。本格的な発掘調査が行われて、多くの土器や石器が出土しています。同時に、縄文時代の住居跡も発掘され、中には柱穴の跡も発見されています。

約4500年前頃に、現在神社のある標高32メートルの丘陵地に人が集まり、集落を作って暮らしていたようです。現在は、古代住居跡に住居が復元されて、出土品の一部は境内の陳列館に収蔵されています。渋谷区の史跡に昭和52年(1977年)5月26日に指定されています。

芸能人の間で「代々木八幡宮に参拝するとブレイクする・仕事が増える」と話題になり、テレビでも紹介されてからは大人気のスポットになりました。

まずは「拝殿」を参拝してから「榛名社」「天神社」「稲荷社」を参拝します。
そして最後に「出世稲荷大明神」を参拝するという流れです。

拝殿

代々木八幡宮の拝殿は都心の緑に囲まれている、気持ちよい空間にあるあまり大きくない社殿です。それでも拝殿らしく細かな彫刻もあり、しっかりと造営された拝殿です。

代々木八幡宮の拝殿は明治33年(1900年)に造営されています。すでに100年以上経過しています。拝殿の扁額は右から「八幡宮」の文字があります。

拝殿前には鋳物の天水桶、さらに拝殿前に一対の狛犬が鎮座されています、明治26年(1893年)に奉納された、玉持ちと子持ちの一対の狛犬で、逞しくも美しい狛犬です。因みに、参拝は二礼二拍手一礼です。

富士塚

代々木八幡宮境内の出世稲荷八幡宮の隣に鎮座されます「富士塚」も見どころであり、お参りどころです。境内の少し高い場所にあります。

富士塚は登ることで富士山に登頂したのと同じご利益をいただけるパワースポットです。登ったら本物の富士山の方角に拝礼するとよりご利益を得られるそうです。

富士山に登頂した気持ちでお参りしましょう。太陽に向かって手を合わせると、富士山頂のご来光を浴びているのと同じになるそうです。

訣別の碑

代々木八幡宮の参道の途中で、手水舎の手前にある石灯籠も、代々木八幡宮の見どころです。「訣別の碑」と呼ばれる参道の両側に設置された一対の石灯籠です。

明治42年(1909年)に代々木八幡宮の近くに、歴史的にも有名な代々木練兵場が造られる事となり、その場をやむを得ず立ち退きした氏子の住民が、当地からの別れを惜しんで奉納した由緒ある石碑です。灯籠には決別の言葉も刻まれています。

御神徳

【御祭神】

応神天皇(おうじんてんのう)
天照大神(あまてらすおおかみ)
白山大神(しらやまおおかみ

【ご利益】

縁結び・厄除開運・恋愛成就・安産・勝運・子育て・家内安全・怨霊退散・渡航安全 など

アクセス

代々木八幡駅から徒歩で5分(小田急線)
拝観時間  9時00分~17時00分
拝観料   無料
住所    東京都渋谷区代々木5-1-1

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました