東京都江東区:亀戸天神社

高品質・低価格なサプリメントならネイル-Nail-
東京都

亀戸天神社(かめいどてんじんしゃ)は、東京都江東区亀戸にある神社(天満宮)である。菅原道真を祀り、学問の神様として親しまれている。特に1,2月の受験シーズン土曜・日曜には、道真の加護を求めて絵馬を奉納する受験生で境内が溢れる。また、春の梅、藤、秋の菊と境内には四季折々の花が咲くことから、「花の天神様」と親しまれている。通称「亀戸天神」「亀戸天満宮」「東宰府天満宮」。

亀戸天神社のご利益としては学業成就が有名ですが、その他にもさままなご利益があります。開運招福・商売繁盛・交通安全・家内安全・厄除・病気平癒などのご利益などがあり、多くの人が参拝に訪れます。

亀戸天神社

亀戸天神社(かめいどてんじんしゃ)は、東京都江東区亀戸にある神社(天満宮)である。菅原道真の末裔であった九州の太宰府天満宮の神官・菅原大鳥居信祐が諸国を巡った際、江戸の本所亀戸村にたどり着き、元々あった天神の小祠に道真ゆかりの飛梅で彫った天神像を奉祀したのが始まりとされる。

1月24日 – 25日には、縁起物である木彫りの鷽(ウソ)が授与される「鷽替神事」が執り行なわれる。2月には「梅まつり」、4月末から5月初めにかけて「藤まつり」、10月下旬から11月下旬まで「菊まつり」が催される。

摂末社の神牛殿は、牛に縁の深い菅原道真を由来とする。道真は乙丑年の生まれで、亡くなった後葬送中に遺体を乗せた車を引く黒牛が動かなくなり、その場所が墓所と定められた。太宰府天満宮建立の年も丑年で、道真が京都から大宰府へ下向中、白牛によって難から逃れることができたという故事も伝えられている。

境内には「御神牛」があり、この牛の像の頭を撫でると頭がよくなり、また体の調子が悪い人は、自分の体の悪い部分と同じ牛の場所を撫でると良くなるという。

参道の3つの橋

池と橋を人生に見立てた「三世一念の理」となっています。ここは写真を撮る人が非常に多いフォトスポットになっています。

男橋

最初に現れるのは生きてきた過去を表す男橋です。

平橋

平橋は現在を表します。

女橋

女橋は希望の未来を表しています。

神牛(しんぎゅう)

知恵が授けられるパワースポットです。

親しく触れることで病を治し、知恵を授かることができます。

御嶽神社(みたけじんじゃ)

火災除け・雪よけ・商売繁盛・開運のご利益がある。

卯の神。菅原道真の先生が祀られています。

花園社(はなぞのしゃ)

出典:http://kameidotenjin.or.jp/guide/

安産、子宝、立身出世のご利益があるパワースポット。

菅原道真の妻・宣来子(のぶきこ)と14人の子を祀る神社です。

弁天社(べんてんしゃ)

芸事・金運のパワースポット。

天神さまの本家、太宰府天満宮の心字池の近くに水を守る神を祀る「志賀社」があり、この弁天社でも祀られています。

本家と違い弁天社という名前になった由来は、この神社が創られた当時、心字池を上野不忍池に見立てて「弁天堂」「弁財天堂」と呼ばれるようになったからだそうです。

筆塚(ふでつか)

使い古しの筆記用具などを納めると、さらに学問向上するというご利益があるパワースポット。

御神徳

【御祭神】

天満大神(菅原道真公)
天菩日命(菅原家の祖神)

【ご利益】

学業成就・開運招福・商売繁盛・交通安全・家内安全・厄除・病気平癒など

亀戸天神社の属性

亀戸天神社は水属性のパワースポットとされています。

水属性は「浄化力」を持っている人です。
轟々と我を突き通す「火属性の人」を調整・制御する事に凄く長けています。
また水はいかようにも様子を変えます。そのため、優しさ・冷徹さを併せ持っています。自分でも気づいていないですが相反する2つの事象が自分の心の中に混在している人です。

これからの人生を過ごす上で大事なのは、力のバランス。
何事もどちらか一方に偏るとあなたの良い面が消されて、結果が発揮されない可能性があります。
水は色んな姿に形を変えますよね?それと同じように、どんな風にもどんな方面にも並列的に物事をこなすのが大事です。

 

まつり

歳旦祭 (さいたんさい)

神前では国の繁栄と氏子の平安を祈願する祭事が行われます。大太鼓が打ち鳴らされ、本田の扉が開き、神楽殿では本年が良い年であるように参拝祈願し、境内には祈願の御神札・お守りを求め、夜まで賑わいっています。

初卯祭 (はつうさい)

境内に隣接する御嶽神社の初縁日。
御嶽神社は、御祭神に比叡山延暦寺第十三代座主法性坊尊意(ほっしょうぼうそんい)僧正を祀る。
御祭神は、菅原道真公の教学上の師、御祈の師であり、「卯の日の卯の刻」に亡くなったことから「卯の神」と信仰された。

梅まつり (うめまつり)

 

神忌祭 (しんきさい)
藤まつり (ふじまつり)

アクセス

JR総武線「亀戸駅」
JR総武線・地下鉄半蔵門線「錦糸町駅」
拝観時間  6時~17時
拝観料   無料
住所    東京都江東区亀戸3-6-1

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました