千葉県君津市:開墾場の滝

千葉県
最高濃度のホワイトケアクリーム

[Qoo10] ハイドロキノン2100倍の効果『シムホワイト』最高濃度ホワイトケアクリーム シミくすみトーンアップ

WWW.QOO10.JP

開墾場の滝は、千葉県君津市奥米にある滝。奥米渓谷は、千葉県君津市南部を流れる小糸川上流部の渓谷であり、開墾場の滝は渓谷に懸かる落差8mの斜瀑である。

小糸川水系三間川にある開墾場の滝は川廻し地形でできた川廻しの滝として規模も大きい。一週間前の台風の影響で水量は多く、見栄えのする滝となっていました。蛇行する川をショートカットし農地に転用する「川廻し」によりできた滝。

川廻し(かわまわし)

川廻し(かわまわし)は、千葉県上総地方で多く見られる、蛇行した河川を人工的に短絡させて農地に転用する工法。千葉県上総地方南部の丘陵地において、蛇行した河川の流路をトンネルや切り通しを通るように変更・短絡化し旧河道を水田化させた工事のこと。

ほとんどは江戸時代に新田開発を目的に行われたものであるが、ごくわずかに昭和時代に行われたものも存在する。新田開発の他に水路を引くことを目的とした林業型の川廻しも存在する。現在は道路工事、宅地造成などに押され、川廻しの特徴的な地形を持つ水田は減少しつつある。小糸川水系の開墾場の滝は林業型の川廻し。

アクセス

住所    千葉県君津市奥米143

千葉のパワースポット一覧

類似のパワースポット

埼玉県入間郡:黒山三滝

黒山三滝(くろやまさんたき)は、埼玉県入間郡越生町にある3つの滝の総称である。 県立黒山自然公園に属し、1950年には日本観光百選の「瀑布の部」で第9位に選ばれたことがある。

「男滝」、「女滝」、「天狗滝」の3つからなる。 落差10mの男滝と落差5mの女滝は2段に流れ落ち、上が男滝で下が女滝となっている。

黒山三滝の詳細はこちら

神奈川県南足柄市:夕日の滝

夕日の滝は、神奈川県南足柄市にある酒匂川の上流内川にかかる滝。金太郎が産湯をつかった滝と伝えられる。毎年1月半ばに夕日が滝口に沈むことに由来するとも言われる。落差23m、幅5m。

下流には、金太郎の生家跡や子供の頃に遊んだと伝えられる「かぶと石」「たいこ石」がある。

夕日の滝は滝行でも知られ、多くの有名人が滝行を経験している。一般人でも体験できる。夫婦円満のご利益があるとされています。

夕日の滝の詳細はこちら

栃木県矢板市:おしらじの滝

滝が流れている時は、そのパワーを充電している最中ということでパワー充電スポットと呼ばれている。 幻の滝とよばれる「おしらじの滝」は、普段は沢の水が少ないため、滝が流れている様子を見ることはできませんが、澄んだブルーの滝つぼは枯れることなく、大自然の中にひっそりと佇んでいます。 滝の名前の由来は定かではありませんが、「しらじ」とは「壺」のことで、崇敬の念で“お”を付け「おしらじ」と呼ぶようになったという言い伝えもあります。

おしらじの滝の詳細はこちら

東京都青梅市:七代の滝

七代の滝

七代の滝は、東京都青梅市の御岳山にある滝。落差50mの大小8つの滝の集まりで、一般には一部分しか見られない。

御岳山の中でもとりわけマイナスイオンあふれるパワースポットと言われている。恋愛運上昇のご利益があるとされています。

御岳山のハイキングコースで、長尾平を過ぎて左側の道を選ぶと7代の滝に行かれます。急な下り道を30分程歩くと森林の中にひっそりと滝が現れます。大小7段の滝があるそうですが、実際には一部分しか見る事が出来ません。ロックガーデンに比べて人が少なく、静かなパワースポットです。

七代の滝の詳細はこちら

東京都板橋区:赤塚不動の滝

赤塚不動の滝

赤塚不動の滝は東京都板橋区赤塚にある湧水。

江戸時代には、地元の人が富士山などの霊山に詣でる際に身を清める「禊(みそぎ)」の場として使われていた。

今は当時の水の勢いと同じようには出ていませんが、勢いのない滝を見るだけでも今までの歴史を感じることができるでしょう。

滝の上には不動明王の石像が二体祀られている。東京の名湧水57選に選定されている。

赤塚不動の滝の詳細はこちら

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました