千葉県市川市:真間山弘法寺

千葉県

弘法寺(ぐほうじ)は、千葉県市川市にある日蓮宗の本山(由緒寺院)。山号は真間山(ままさん)。塔頭が四院ある(安国院、玄授院、龍泉院、亀井院)。

徳川光圀や徳川吉宗も親しく参詣したと伝えられている。

千個以上の石からなる石段の下から27段目にある石は、この石だけ涙を流すかのように濡れ続けている。江戸時代に、作事奉行の鈴木修理長頼が日光東照宮の造営のために使う石材を伊豆から船で運ぶ途中、市川の根本付近にさしかかった時に船が動かなくなり、積んでいた石を勝手に近くの弘法寺の石段に使用してしまった。長頼は幕府から責任を追及され石段で切腹。その時の無念の血と涙が染み込んでいるという伝承がある。

また、市川市には水脈が多く300以上の湧き水があり、たまたま石の一部が水脈に触れているのではないかとの説もある。家内安全、身体健全、商売繁盛、交通安全、学業成就などにご利益があるとされています。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

アクセス

JR市川駅から徒歩で15分
京成市川真間駅から徒歩で10分
住所    千葉県市川市真間4丁目9-1

千葉のパワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました