大阪府豊能郡:野間の大ケヤキ

大阪府

野間の大ケヤキは大阪府豊能郡能勢町にあるケヤキの巨樹。

樹齢1000年と言われ、幹周14m、樹高30m。ケヤキとしては全国で4番目の巨樹と言われる。野間神社の旧蟻無神社境内にあり、御神木として保護されてきた。大阪緑の百選、国の天然記念物に指定されている。

大阪府能勢町の国指定天然記念物「野間の大けやき」は、野間神社の旧蟻無宮神社にあり、神木として保護されてきた能勢町の樹木のシンボル。その枝張りは、畳620畳敷に相当する広さ! 今は公園となり、涼しい木陰で覆いながら訪ねてくる人々を癒している。樹齢は推定1,000年、樹高30メートルで、西日本最大級の巨樹。枯れて切った主幹は隣にある「能勢町やき資料館」に一部が展示され、木の大きさを目で見て実感できる。また、土日祝に訪ねると木の下でオープンする「ありなし珈琲」という屋台カフェに出会えるかも。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

基本情報

・樹齢1000年と言われ、幹周14m、樹高30m。

・国の天然記念物に指定されている。

・野間神社の旧蟻無宮神社にある。

・敷地内に「けやきの資料館(火水・年末年始定休日)」、駐車場、トイレ、売店

・電動アシストレンタルサイクル 有

・春から夏にかけて「アオバズク」が飛来。7月ごろヒナがみられる。

・ありなし珈琲 毎週土日営業

アオバズク

人々だけでなく、大けやきの下には動物や昆虫たちも集う。毎年5月中旬にはるばる東南アジアから海を渡ってやってきたアオバズクが、大けやきに巣を持ち、卵を産む。7月中旬から下旬には、数羽のかわいいヒナが巣から出てきて一家で枝に並んでとまる姿が見られるそう。

アクセス

能勢電鉄妙見線「妙見口駅」より阪急バスで「本滝口」下車、西に徒歩10分。

住所    大阪府豊能郡能勢町野間稲地266

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました