兵庫県神戸市:須磨寺

兵庫県

須磨寺(すまでら)は、兵庫県神戸市須磨区にある仏教寺院。真言宗須磨寺派大本山。山号は上野山(じょうやさん)。本尊は聖観音である。宗教法人としての公称は福祥寺。学業成就のご利益があるとされています。

平安時代の初め、漁師が和田岬の沖で引き上げた聖観音像を886年(仁和2年)に聞鏡上人が現在の地に移したのが始まりとされている。平敦盛遺愛の「青葉の笛」や弁慶の鐘、敦盛首塚、義経腰掛の松など、多数の重宝や史跡が存在する。源平を偲んで訪れる文人も多く、境内には正岡子規・松尾芭蕉句碑がある。

源平の庭の奥に「ぶじかえる」という蛙の像がある。借金に困っている人は、かえるの首を回すと悩みが解消するという。

また境内にある神戸七福神霊場の福禄寿尊は、笑いながら頭を撫でるとボケ封じに、体を撫でるとガン封じになるといわれている。

正覚院

『須磨寺』の塔頭寺院の一つで、ご本尊は『愛染明王様』です。

ご利益としては『あなたが望んだ縁を運んでくれる』、『恋愛成就』、『恋愛の邪魔になる出来事・人間を払い去る』、『人間関係の改善』などが期待出来ます。

仁王門

この門は源頼政(みなもと の よりまさ)が再建し、『仁王力士』は日本史上最も有名なカリスマ仏師と言っても過言ではない『運慶(うんけい)』と息子の『湛慶(たんけい)』によって作られたものと伝えられています。

千手観世音菩薩

『仁王門』を通り抜けると右側に『千手観世音菩薩(せんじゅかんぜおんぼさつ)』がお祀りされています。

ご利益は『災難』、『延命』、『病気治癒』などあらゆる『現世利益』にご利益があり、『難産』や『夫婦円満』、『恋愛成就』にも功徳があるとされています。

櫻寿院(おうじゅいん)

『仁王門』を抜けて左側にある『櫻寿院』です。

こちらも『須磨寺』にある塔頭三院の一つで、ご本尊は『阿弥陀如来』がお祀りされています。

『阿弥陀如来』は人間が亡くなった後、極楽浄土へ連れて行ってくれる仏様です。

『一の谷の合戦』で、平敦盛(たいら の あつもり※平清盛の甥)と熊谷直実(くまがい なおざね)の一騎打ちをした場面を再現しています。

源義経の奇襲によって打撃を受けた平家方の兵が海へ逃げる中、直実は沖に向かう若い武将を見つけて『敵に後ろを見せるのは卑怯でしょう。返せ、返せ』と叫びます。

それに振り返り、馬を戻した敦盛。

一騎討ちの末、敦盛は直実に首をはねられます。

これが『源平の庭』に再現されているシーンです。

死を前にする敦盛と、自身の息子ほどに若い武将を討ち取らねばならない直実の心情は、悲哀の物語として語り継がれており、平家物語の中で最も悲しく美しい物語として有名です。

源平の庭

『櫻寿院』を先に進むと見えてくるのが『源平の庭』です。

『須磨寺』は平安末期の源平合戦で源氏方が陣を構えていました。

こちらは『源平合戦』の中でも最も有名な『一の谷の戦い』の舞台として知られています。

1960年代にはNHK大河ドラマ『源義経』の影響で“源平ブーム”が訪れ、須磨寺を訪れる観光客が増えたらしいです。

蓮生院

こちらも塔頭三院の一つで、ご本尊は『不動明王』がお祀りされています。

阪神・淡路大震災で倒壊したので、今の建物は2006年に再建されたもの。

期待できるご利益は『立身出世』に『悪霊退散』、『国家安泰』、『戦勝』、『除災招福』、『商売繁盛』などに効果があると言われています。

厄除大師

『蓮生院』のお隣には『厄除大師』があります。

七福神マニコロ

こちらは『宝物館』の側にある『七福神マニコロ』です。

『マニコロ』とは『マニ車』のことで、主にチベット仏教で用いられる仏具です。

亀の上に『七福神』が描かれており、手で回すと経典一巻を読んだことになると言われています。

ぶじかえる

こちらは『七福神マニコロ』の近くにある『ぶじかえる』です。

首と目玉が回る仕掛けになっており、『びっくりしたい人は目玉を、借りたお金で困っている人は首を回してください』とのこと。

一願成就の大数珠

こちらは、肩に掛けて祈ると、一つだけお願いを叶えてくれるとされている巨大な数珠『一願成就の数珠』です。

神戸七福神

『護摩堂』の向かいにある、神戸七福神霊場の一つである『福禄寿尊像』です。

笑いながらこの『福禄寿尊』の頭を撫でると『ボケ封じ』に、また、『福禄寿尊』の体を撫でると『ガン封じ』になると言われている『撫で仏様』だそうです。

ひとすじ辨財天

こちらは『辯才天女社』です。

平成28年(2016)改修され、新たに山髙大仏師の手による、須磨琴を弾くお姿の『ひとすじ辨財天』をお祀りされています。

辯才天は『恋の悩み』や『縁結び』、『子宝』などのご利益が期待されます。

出世稲荷社

こちらは『出世稲荷』です。

『出世稲荷』は名前のとおり武将達がその出世を祈願した神社です。

ご祭神は尾玉、荒熊、末広の三神です。

三重塔

こちらは『三重塔』です。

この塔は弘法大師1150年忌、平敦盛800年忌、須磨寺開創1100年を記念して建てられました。

この内部には『大日如来』がお祀りされています。

境内で一際目を引き、地上からの高さは25メートルあり、近くで見上げると、とても大きくて迫力がありました。

五猿(ござる)

ためにならない態度を見ざる

ためにならない事を言わざる

ためにならない話を聞かざる

ままにならない事を怒らざる

まんまんちゃんは 善い行(おこない)も 悪い行(おこない)も 見て五猿

きんぽとん童子

『親子地蔵』の横には『きんぽとん童子像』があります。

『きん(金太郎のように健康で)』、『ぽ(浦島太郎のように夢をもって)』、『とん(敦盛のように心やさしく音楽を愛してほしい)』との願いをこめて子供を守って下さる『金浦敦童子』という事みたいです。

アクセス

須磨寺駅から徒歩で5分
拝観時間  8:30~17:00
拝観料   無料
住所    兵庫県神戸市須磨区須磨寺町

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました