【宮城】雄島|縁切りのパワースポット

宮城県

雄島は宮城県松島にある島の一つ。松島の名称の由来となった島。

見仏上人が12年間にわたって島から一歩も出ずに修行した。この偉業を讃えて、後鳥羽上皇から千本の松を贈られたことにから、「千松島」と呼ばれるようになった。それが転じてこの地一帯が「松島」となった。縁結びに悪運の浄化、金運アップなど、伝えられているご利益はさまざまといわれています。

雄島に渡る渡月橋は「別れ橋」とも呼ばれている。修行僧が俗世との縁を絶ったことに由来する。福浦島の福浦橋は「出会い橋」、五大堂の透かし橋は「縁結び橋」だと言う。別れ橋で悪縁を絶ち、出会い橋で良縁に出会い、縁結び橋で縁を結ぶ、と言われ、この順番で回るのが良いとされる。

キュアアミド

雄島のパワースポット・見どころ

パワースポット 別れ橋(渡月橋)

雄島へ渡る為に架かっているのが1つ目の橋である「渡月橋」です。

渡月橋は、悪い過去と決別し悪縁を切る橋と言われており、かつて雄島へ修行に渡る僧たちが俗世との縁を切ったことが由来だそうです。素敵な縁を結ぶには、まず悪縁を切らなければなりません。渡月橋を訪れ過去を断ち切りましょう。

Info

参考URL 金蛇水神社
アクセス 東北本線・常磐線岩沼駅からバスで10分(市民バス、徒歩40分)
仙台東部道路岩沼ICから車で18分
拝観時間 自由
拝観料 無料
住所 〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島浪打浜24
一覧 宮城県のパワースポット一覧

47都道府県別パワースポット一覧

類似のパワースポット

福浦島

福浦島は、宮城県松島の五大堂からすぐ近くでにある、松島海岸の東に浮かぶ小島。全長252mの朱塗の橋で陸と結ばれている。島全体がうっそうとした樹林に覆われており、一箇所だけ美しい砂浜に降りる場所が有る。

福浦島にかかる福浦橋は「出会い橋」と呼ばれる。雄島に渡る渡月橋は「別れ橋」、五大堂の透かし橋は「縁結び橋」だと言う。別れ橋で悪縁を絶ち、出会い橋で良縁に出会い、縁結び橋で縁を結ぶ、と言われ、この順番で回るのが良いとされる。縁結びに悪運の浄化、金運アップなどのご利益があるとされています。

福浦島の詳細はこちら

田代島

 

田代島(たしろじま)は、三陸海岸南端を構成する牡鹿半島の先端近く、宮城県・仙台湾(石巻湾)に浮かぶ有人島の1つで、「ネコの島」として知られています。

島民の多くは漁師、あるいはその家族である。島のほぼ中央に猫神社があり、島の漁師にとって大漁の守護神である「猫神様」が祀られている。そのため、猫がとても大事にされ、島内で自然繁殖しており、既に島民よりも個体数が上回っている。

その昔に、誤ってネコを死なせてしまった漁師が手厚く葬ったところ、大漁が続き、海難事故もなくなったという。以来、島では猫は大切にされ江戸時代には、猫神社が建立されネコは神として祭られることとなった。「猫に小判」という言葉があるように金運向上にご利益があるとされています。

田代島の詳細はこちら

礼文島

礼文島

礼文島(れぶんとう)は、北海道北部、稚内の西方60kmの日本海上に位置する、現在日本の施政権が及ぶ範囲において最北の島。地名語源はアイヌ語のレプン・シリ(沖の島)。

礼文水道を挟んで利尻島の北西に位置する。0メートル地帯から高山植物が咲き乱れていることから別名花の浮島と呼ばれている。日本で最も北にある島の雄大な自然が育んだ花の種類は300種類にもおよびます。

6月頃、島の観光シーズンを迎えると、今か今かと待ち構えていた植物たちが一斉にその姿を現します。夏はハイキングやトレッキングで希少な花々を観に来る観光客で賑わう島なのです。

礼文島の詳細はこちら

佐渡島(さどがしま)

佐渡島

佐渡島(さどがしま)は新潟県佐渡市に所在する、新潟県の西方沖に位置する日本海側最大の離島です。

佐渡沖を流れる対馬暖流の影響を受けるため、積雪は本土よりも少なくなります。豊かな土壌と気候を活かした農業や漁業などが営まれている観光名所でもあります。

佐渡島全体が地属性のパワースポットとされています。

佐渡島の詳細はこちら

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました