宮城県気仙沼市:安波山

宮城県

安波山(あんばさん、あんばやま)は、宮城県気仙沼市の市街地の北に位置する山。標高239m。山頂付近には安波山公園が整備されている。「りゅうの階段」「ひのでのてらす」 「ほしのてらす」など、登山道にも仕掛けが施されている。厄除け、開運、縁結びなどにご利益があるとされています。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

アクセス

気仙沼線・大船渡線気仙沼駅から徒歩で30分(中腹駐車場まで)
東北自動車道一関ICから車で70分
住所    宮城県気仙沼市字町裏

宮城のパワースポット一覧

類似のパワースポット

青森県むつ市:恐山

恐山は、カルデラ湖である宇曽利湖(うそりこ)を中心とした外輪山の総称で、その正式な呼び名は「恐山菩提寺」。火山岩に覆われた「地獄」と呼ばれる風景と、美しい宇曽利湖の「極楽浜」との対比が特徴です。

霊場であり、高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊場の一つとして有名です。寺名は恐山菩提寺、本坊はむつ市田名部にある曹洞宗円通寺である。本尊は延命地蔵菩薩。自然のエネルギーが豊富で、厄除け・浄化・開運に効果があるとされています。

恐山の詳細はこちら

秋田県鹿角市:黒又山

黒又山(くろまたやま)は、秋田県鹿角市十和田大湯地区中通台地にある、円錐の形をした標高280.6mの山で、地元では「クロマンタ」と愛称され、山頂には本宮神社があります。山の形がピラミッドに似ているので、古代のロマンをかきたてる山としてマニアでは知られている。

黒又山のすぐ近くには、国特別史跡「大湯環状列石」がります。「黒又」の語源はアイヌ語の「クルマッタ」で、神々のオアシスという一説があるとされています。登山口にある鳥居をくぐるとエネルギーが変化する。すっきりしたエネルギーで頂上へ行くほど力強くなる。土のパワースポットとして有名です。

黒又山の詳細はこちら

福島県伊達郡:萬歳楽山

萬歳楽山(まんざいらくさん)は、福島県と宮城県境に位置する山。標高915m。

萬歳楽山は、かって日本国全体に及ぶ縄文信仰の中心地であり、日本列島におけるマグマ活動の臍の部分にあたる。地震の災難を収め、人の才能を強化・開花させる力がある、と言われている。「マインザイラク、マンザイラク」「マンゼロク、マンゼロク」という地震の時に唱える呪文はこの山に由来するともされる。恋愛運アップや人々の才能を開花させるご利益があるとされています。

萬歳楽山の詳細はこちら

岩手県滝沢市:岩手山

岩手山(いわてさん)は、東北、奥羽山脈北部の山で標高2,038mある。二つの外輪山からなる複成火山、岩手県最高峰であり、日本百名山に選定されている。

古来から信仰の山で、山頂外輪を取り囲むように石仏、山麓の滝沢村・盛岡市に岩手山神社が祭られる。前九年の役以後、巌鷲山大権現大宮司として伊豆国出身の「栗谷川(厨川、工藤)家」が代々祭事を務めることとされていたが、後に祭祀権をめぐり攻防があった。

伝えられているご利益としては、財宝、官位、知恵、縁結び、学業成就、勝負事の必勝祈願などがあげられます。

岩手山の詳細はこちら

 

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました