【北海道】網走神社|パワースポット 網走神社

北海道

網走神社(あばしりじんじゃ)は、北海道網走市にある神社である。

当神社祭神は宗像三神と称する元旧官幣大社宗像大社、旧官幣中社巌島神社と同一祭神にして多く海岸に鎮座し福寿円満、海上守護に神徳を垂れ給う。当神社は文化9年(1812年)近江の人藤野四郎兵衛が網走川口に小堂宇を建て漁場鎮護の為に奉斎せるを以て創祀とする。明治に至りて来住者村落を形成するに及び藤野家に請うて、網走地方鎮守の氏神と仰奉る。

旧社格は県社。北見国の一宮と称される。市杵島姫命・田心姫命・湍津姫命の三神(宗像三女神)を祀り、俗に弁天様と呼ばれる。他に天照大神を配祀する。

明治19年現今の網走警察署の地に、次いで同22年7月「ニクル」の高台に移転修築す。明治41年現在の社地に新たに社殿を造営し官幣中社巌島神社の御分霊を奉迎鎮斎し、9月無格社に大正12年5月郷社に、昭和4年本殿以下大造営成り同9年8月8日付県社に昇格、昭和21年2月2日社格を廃止し神社本庁所属神社となる。全北見沿岸住民の崇敬厚く古くより北見国一之宮と称せられる。昭和21年2月2日宗教法人となる。
キュアアミド

網走神社のパワースポット・見どころ

一ノ鳥居

網走神社への長い参道には三つの鳥居があります。まず網走神社の社号標は南4条東2丁目交差点に建っています。社号標とは神社の名前を刻んで鳥居の前に置かれているもので、素材は石が多いのですが、木柱の社号もあります。普通は向かって右側に設置されます。

網走神社の社号標は網走神社から700mも離れた場所に設置されています。社号標から真っすぐ網走神社の方向へ進むと、大きなグレーの鳥居が見えてきます。網走神社一の鳥居と呼ばれる鳥居です。南6条東2丁目交差点にあります。

二ノ鳥居、三ノ鳥居

網走神社一の鳥居を過ぎると少しずつ上り坂となってきます。網走神社があるニクル丘へ向かっています。JR釧網走本線の踏切を過ぎると、鬱蒼とした網走神社鎮守の森へ入ります。途中に護国神社があり、護国神社を過ぎた頃にやや小さな網走神社二ノ鳥居があります。

二ノ鳥居を進むと、網走神社三ノ鳥居が見えてきます。三ノ鳥居は木造両部鳥居と言われる作りです。両部鳥居とは本柱の前後に短い柱を立てて、貫で本柱とつないだ鳥居のことです。「北海鎮護」と書かれています。駐車場は三ノ鳥居のそばにあります。

本殿

網走神社の本殿では祈祷などが行われます。初詣、どんど焼き、例大祭、七五三などの際は参拝客で大変賑わいます。拝殿にある扁額(神社などの建物の高いところにある看板)には「天壌無窮(てんじょうむきゅう)」と書かれています。

網走神社の本殿には、獅子らしいものと、象のような牙の生えた動物の彫刻があります。柱の木の端を建築用語で木鼻(きばな)といい、神社や寺院で本殿や堂で色々な装飾の柱の木鼻を見かけます。獅子や象のような鼻をしたもの、大蛇や猛獣など様々です。

網走神社本殿の木花装飾は「獅子木鼻」と「獏木鼻」です。獏は鼻は象、目は犀(サイ)で足は虎という姿をした中国の想像上の動物で、人の悪夢を食べてくれるそうです。守護神の「獅子」と悪夢を食る「獏」を彫り人々の苦悩を救うという願いが込められています。

屋根

網走神社本殿の屋根も歴史を感じるものとなっています。網走神社の境内には大変趣のある社務所があります。網走神社社務所は元々、藤野家の迎賓館として明治28年(1895)に建築された木造平屋建ての建物です。古い学校のような趣のある建築物です。

網走神社社務所は明治44年(1911)に網走神社の現在地に移築されたもで、現在はトタン葺きになっていますが、建築当時は柾葺きの屋根だったそうです。今でも現役で使用されていて素晴らしいですね。御朱印やお守りは社務所で授かることが出来ます。

網走護国神社

網走神社の参道途中に網走護国神社があります。祭神は護国の英霊です。日露戦役や志那事変で亡くなった英霊705柱を祀っています。

護国神社境内向かって右側には七福神の石像もあります。もともと網走市内のあちこちにあり、七福神めぐりなどが行われていましたが、戦後しばらく放置されてしまった七福神を、網走護国神社の境内へ一堂に集めて復元お祀りしたものです。

御神徳

網走神社の御祭神

市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
田心姫命(たごりひめのみこと)
湍津姫命(たぎつひめのみこと)
天照大神(あまてらすおおかみ)

網走神社のご利益

招福・開運・海上安全、安産祈願、商売繁盛 など

網走神社は、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)、湍津姫命(たぎつひめのみこと)、天照大神(あまてらすおおかみ)を祭り神としています。ご利益は、海上安全、安産祈願、商売繁盛等とされています。

市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)、湍津姫命(たぎつひめのみこと)宗像三女神といわれ、あらゆる「道」の最高神として航海の安全や交通安全などを祈願する神様としてまつられています。

Info

参考URL 網走神社 – 北海道神社庁のホームページ
アクセス 網走駅から徒歩で15分
拝観時間 自由
拝観料 無料
住所 〒093-0041 北海道網走市桂町2丁目1−1
一覧 北海道のパワースポット一覧

47都道府県別パワースポット一覧

北海道の旅行情報

お土産

「白い恋人」・「じゃがポックル」・「花畑牧場 生キャラメル」などが有名です。

北海道の人気お土産情報

グルメ

「ジンギスカン」・「カニ料理」・「札幌ラーメン」などが有名です。

北海道の人気グルメ情報

観光地

北海道神宮」・「旭山動物園」・「青の洞窟」などが有名です。

北海道の人気観光地一覧

パワースポット

千歳神社」・「北海道神宮」・「オンネトー」などが有名です。

北海道のパワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました