北海道札幌市:北海道神宮

北海道神宮 北海道

北海道神宮(ほっかいどうじんぐう)は、北海道札幌市中央区にある神社です。

北海道の開拓当時樺太・千島に進出を進めていたロシアに対する守りということで、大鳥居が北東を向いています。末社である開拓神社には間宮林蔵などの北海道開拓の功労者が数多く祀られています。

北海道神宮の特徴として、四つの鳥居のうち、第三鳥居から入ると金運の御利益があると伝えられています。入る鳥居によって御利益が変わるとも伝えられています。

例祭は6月で、札幌まつりとも呼ばれます。8月には開拓神社例祭が行われます。北海道開拓の功労者37柱の霊を称える慰霊祭で、みたま祭とも呼ばれます。

狛犬がパワースポットと言われています。

  • 鳥居すぐ下の新しい狛犬は恋愛成就
  • 本殿脇にある狛犬は子宝祈願

の御利益があると伝えられています。また幻の獅子狛犬という珍しい狛犬も。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

北海道神宮のパワースポット・見どころ

第二鳥居「縁切り」

「縁切り」には病気や体の不調と縁を切るという効果もあるようです。そのため体調や精神面に不安を感じている人は、この第二鳥居から入ってみるのも良いかもしれません。

ただ、この縁切りには病気や体の不調だけでなく、恋愛関係も含まれていると言われています。古くから北海道神宮では「第二鳥居には良い効果と悪い効果の両方がある」と言い伝えられています。

春は桜が咲き誇る花見スポットとしても人気です。春に北海道神宮に訪れるならこの表参道だけは見逃さずに訪れたいスポットです。

第三鳥居

それぞれの鳥居の中で、最もご利益があるのが第三鳥居だと言われています。

この第三鳥居は金運アップの効果があると信じられていますが、これは鳥居が風水でいうところの「預金」を示す方角に向いているからです。

幻の狛犬様

本殿の近くにいらっしゃる、狛犬様も心が洗われるパワースポットとして知られています。小柄ですが重厚な雰囲気を醸し出しており、ストレスや悩みなどを浄化してくれる場所といわれています。

実は北海道神宮の狛犬様は「幻」と言われており、場所を知っていないとお目にかかることが難しい場所にいらっしゃいます。

本殿へと続く最後の神門の左側に島義勇像があり、その奥の小道を進んだほとんど人の通らない場所に狛犬様は置かれています。

開拓神社

その名の通り、北海道開拓に心血を注がれた先人の労苦を偲び、その功績を永く伝えようと創建された神社です。

厳しい自然の中、北海道の開拓した人々を祀っていることから、仕事運、勝負運、金運のご利益があるとのこと。そして、この開拓神社は、風水で二匹の「龍」が合流する地点、神宮境内にある「開拓神社」はそのパワーがもっと強いパワースポットと言われています。

札幌鉱霊神社

札幌霊鉱山神社は、北海道の鉱山で働き、事故などで亡くなった殉職者を慰霊する神社です。戦後昭和二十四年、北海道神宮の境内に遷座しました。仕事運上昇、開運、子孫繁栄などのご利益があるとされています。

穂多木(ほたき)神社

北海道拓殖銀行に長らく務め貢献した方々をお祀りする穂多木神社。

銀行員の方をお祀りしていることから参拝された方に金運上昇のご利益があるとされています。また、神社の近くにブロンズの狛犬があり、それを撫でると恋愛成就のご利益があるとされています。

北海道神宮頓宮

最近では恋愛成就、子宝祈願のご利益で知られる(特に狛犬にその力があると言われています)頓宮は、札幌神社(現在の北海道神宮)が市街地から遠く円山にあり、特に冬季間参拝が困難になるため、1878(明治11)年にその遥拝所として創建されました。

1901(明治34年)年9月1日、遥拝所は失火により焼失しましたが、1910(明治43)年札幌神社の造営を機に、古材を利用した社殿造営が開始され同年11月17日完成に至り、その名称も頓宮に改称されました。

北海道神宮 御神徳

北海道神宮の御祭神

大国魂神(おおくにたまのかみ)
大那牟遅神(おおなむちのかみ)
少彦名神(すくなびこのかみ)
札幌神社の守護神として国土そのものとされる神様の大国魂神、国土の開拓と経営を行うと同時に縁結びの神様である大那牟遅神、大那牟遅神のパートナーであり開拓を助ける存在である少彦名神。
三柱合わせて「開拓三神」と呼ばれています。開拓を行う人々は北海道の発展を願い足繁く神社に通ったと言われています。昭和39年には現在の北海道の礎を造られた「明治天皇」もお祀りされ、四柱を祀る神社となり「北海道神宮」へ名前が改められました。

北海道神宮のご利益

子宝・恋愛成就・金運・招福・開運・旅行・交通安全・病気平癒・健康祈願・技芸・武芸・芸能・必勝祈願・勝利成功・商売繁盛・合格祈願・学業成就 など

風水の力が一番流れ込む良い場所だと言われています。周囲を山に囲まれた札幌市は全体に風水のパワーが流れ込み、特に北海道神宮のある場所は2つのエネルギーが交差する場所です。

開拓三神と明治天皇のお力に加え風水のパワーが流れ込む場所、北海道神宮は北海道一のパワースポットなのです。

北海道神宮(北海道神社)の属性

北海道神宮(北海道神社)は地属性のパワースポットとされています。
地属性は「忍耐力・継続力・蓄積力」を持っている人です。縁の下の力持ちで、影のリーダータイプです。
とにかく我慢強い、継続できる力があります。ただ、頑固で融通が利かない人で、視野が狭くなりがちです。
視野を広く持っていかないと小さいところで躓いてしまいます。
広い視野を持つために地属性のパワースポットを訪れましょう!

アクセス

地下鉄東西線円山公園駅下車 徒歩15分
拝観時間  自由
拝観料   無料
住所    北海道札幌市中央区宮ヶ丘474

北海道のパワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました