福岡県宗像市:宗像大社

福岡県

宗像大社(むなかたたいしゃ)は、福岡県宗像市にある神社。交通安全、海上安全、豊漁のご利益があるとされています。日本各地に七千余ある宗像神社、厳島神社、および宗像三女神を祀る神社の総本社である。全国の弁天様の総本宮ともいえる。

沖ノ島の沖津宮、大島の中津宮、田島のこの辺津宮(へつみや)の三宮の総称で、皇祖天照大神を祀る。伊勢神宮に対して、裏伊勢とも称される。御祭神は皇祖天照大神の次女神である市杵島姫神。

地図上で辺津宮・中津宮・沖津宮を線で結ぶと、その直線は朝鮮半島の方向に向かう。古代から半島と大陸の政治、経済、文化の海上路であった。

古くから海上・交通安全の神として信仰されているが、現在では海上に限らず、陸上・交通安全の神としても信仰を集めている。その為、福岡県内では宗像大社のステッカーを貼った自動車が多数見受けられるほか、新車を購入した際に御祓いを受ける人も非常に多い。

海上交通の要所に位置する沖ノ島に祀られている沖津宮は、現在、緊急避難港に指定されているが、島全体が御神体である。そのため現在でも女人禁制であり、男性であっても上陸前には禊を行なわなければならない。

昭和29年以来十数年に渡り沖の島の発掘調査が行われ、4・5世紀から9世紀までの石舞台や古代装飾品などの大量の祭祀遺物が発見された。このことから、沖の島は俗に「海の正倉院」と呼ばれている。

伝えられる伝承では日本神話の話に起源を持つという。天照大神と素戔嗚尊の誓約(うけい)の際、天照大神の息から生まれたのが宗像三女神ということになっていて、彼女達は天照の勅命を奉じ皇孫を助けるため筑紫の宗像に降りこの地を治めるようになったのが起源とされている。

宗像大社の中でも高宮祭場(たかみやさいじょう)がパワースポットと言われている。宗像三女神の降臨地と伝えられ、沖ノ島と並び我が国の祈りの原形を今に伝える全国でも数少ない古代祭場である。

高宮祭場に向かう鎮守の杜の道に、二本の幹から伸びた枝が仲睦まじく結ばれた樫の木があり、「相生の樫」と呼ばれている。恋愛成就、夫婦円満の御神木として信仰を集めている。

本殿・拝殿

宗像大社の本殿が魅力的な理由は、安土桃山時代の建築様式が良く分かる構造となっているからです。木でできた薄板を用いてこけら葺きの屋根を敷いた工法は、は五間社流造と呼ばれています。

拝殿も魅力的で、その理由とは、単層のこけら葺きの屋根で造られており、本殿の正面から見ると直角に突出している、質素ながら勇壮な建物になっているからです。本殿と拝殿は国の重要文化財に指定されており、宗像大社の観光コースでは定番となっています。

高宮祭場

宗像大社でぜひ観光していただきたいおすすめのスポット、もう一つは「高宮祭場」です。高宮祭場が何故おすすめなのか、その理由は三女神が地上に舞い降りた地とされているからです。

古代の祭場で直接見る事ができる数少ない祭場で、これも見るべき理由の一つに挙げられます。強力なパワースポットとしても人気があり、必ず立ち寄っていただきたい理由も納得いただけるでしょう。神宝館と一緒にぜひ見ていただきたい祭場の一つです。

相生の樫

宗像大社でぜひ観光していただきたいおすすめのスポット、もう一つは「相生の樫」です。特にカップルにおすすめしたい相生の樫ですが、その理由とは二本の幹から伸びた枝が交差しあって、まるで仲睦まじい夫婦に見えるからです。

昔から、太古の樹木が交差しあった時、男女の絆が深まり恋愛が実る、そして未来永劫福徳が訪れると言い伝えがあります。カップルに見ていただきたい相生の樫で、恋愛成就のご利益にぜひ授かりましょう。相生の樫の後に神宝館によって、遺跡や神宝を一緒に見るのもおすすめです。

第二宮・第三宮

宗像大社でぜひ観光していただきたいおすすめのスポット、もう一つは第二宮と第三宮です。神宝館とともにおすすめのスポットで、三女神の田心姫神は第二宮で祀られており、湍津姫神は第三宮で祀られています。昭和48年に元々あった宮から移転されたもので、神明造が大きな特徴です。

第二宮と第三宮を参拝した後、神宝館で史跡や資料を見てみると、歴史や三女神の詳しい記述とともに、宗像神社の魅力にまた一段と迫れます。

摂末社

宗像大社でぜひ観光していただきたいおすすめのスポット、最後は「摂末社」へと参りましょう。宗像大社本殿の周辺には大小合わせて121の神様が祀られており、24の神社でそれぞれの神様が過ごしています。本殿をくるりと囲むように摂末社があり、それぞれに様々なご利益が授かれる場所でもあります。

摂末社一社一社に参拝をしたら、本殿から少し離れた神宝館へと向かいましょう。貴重な史料と歴史がふんだんに詰まっており、参拝をした後の神宝館はまた一つ違った角度で歴史を振り返る事ができます。

御神徳

【御祭神】

田心姫神(たごりひめ)
湍津姫神(たぎつひめ)
市杵島姫神(いちきしまひめ)

【ご利益】

芸能・金運・弁舌・道びらき 「時満ちて 道ひらく」

アクセス

東郷駅からバスで20分
拝観時間  6時00分~17時00分
拝観料   無料
住所    福岡県宗像市田島

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました