愛知県豊川市:豊川稲荷

愛知県

豊川稲荷(とよかわいなり)は、愛知県豊川市豊川町1番地にある曹洞宗の寺院である。正式の寺号は妙厳寺(みょうごんじ)、詳しくは円福山豊川閣妙厳寺(えんぷくざん とよかわかく みょうごんじ)と称する寺院であり、一般には「豊川稲荷」の名で広く知られる。本尊は千手観音。

豊川稲荷の正式名称は「豐川閣妙嚴寺(とよかわかく みょうごんじ)」という曹洞宗のお寺なのです。「稲荷」というのは狐を奉った神社のことですが、ここで祀られているのは、仏様・豊川吒枳尼眞天(とよかわだきにしんてん)です。この仏様が稲穂を荷って、白い狐に跨っている像があることから、「豊川稲荷」と呼ばれるようになったのです。

稲荷」は鎮守として祀られる荼枳尼天(だきにてん)のこと。豊川稲荷は神社ではないものの、商売繁盛の神様として知られており、入口には鳥居が立っている。日本三大稲荷の1つとされる。ただし三大稲荷の選定には諸説あり一定していないが、豊川稲荷では他の2箇所を伏見稲荷大社、祐徳稲荷神社としている。

中央構造線の上にあるゼロ磁場のパワースポットの一つだという。また、辺り一面に狐の石像が並ぶ霊狐塚は、金運パワースポットとして人気を集めている。家内安全、家業繁栄、交通安全、学業増進、出産安全、商売繁盛、病気全快、厄難消除などのご利益があるとされています。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

総門

豊川稲荷(豊川閣妙厳寺)の正面玄関、高さ4.5mの「総門」があります。

素通りするにはあまりにも惜しい建造物といえ、頭上には煩悩(ぼんのう)を滅し最高の境地に達した十六羅漢の姿、柱の最下段の金具には、黄河上流で鯉が龍になる中国の故事「登龍門」にまつわるストーリーが彫刻で描かれています。

  • 門に入るときに扉のへこみをなでて「マイナスの運気」を吸わせる
  • 門からでるときに扉のこぶに触れて「膨らむ運気」をもらう

本殿

高さ約30m、幅約20m、奥行き約40m。

欅(けやき)という堅い木を使った本殿は、宮大工さんを泣かせながら、「明治」「大正」「昭和」と時代を3つまたいでようやく完成に至ります。

霊狐塚

本殿でのお参りのあとは、狐の石像が奉られている霊狐塚も一見の価値あり!もともとは納めの狐像を奉る場所でしたが、現在では大小1,000点以上の狐の石像が信者から献納されています。インスタ映え間違いなし!のスポットです。

千本幟

豊川稲荷で「霊狐塚」に次ぐ名物といえるのが、「千本幟」(せんぼんのぼり)。

本殿から霊狐塚、裏門に至るまで、統一感のある幟がずらりと並び、風を受けてはためいています。

この、のぼりは、1本寄進すると1,000日分の精進の効果があると言われています。1本2,000円から奉納することができます。

大黒天像

部分的にコインで削られた大国堂の大黒天像

豊川稲荷で金運アップのご利益を頂けるのが「大国堂」の両サイドを固める大黒天像。

この石像を手で優しくさすれば「福徳を授かる」といわれます。

大黒天像に触れる願掛けは、全国的にみても有名で、「宝くじが当たった」などのご利益話がいくつも漏れ伝わるところです。

御神徳

【御祭神】

ダキニテン
【御本尊】
千手観音
豊川稲荷は神社ではなくお寺です。御本尊は千手観音です。稲荷なのにお寺、そして祀られているのは観音様。神仏習合(しんぶつしゅうごう)という考え方があって、明治維新前までは神も仏も同じだと考えられていたんです。そうした流れから、鎮守(その土地を守る)するものが豊川ダキニシンテン(ダキニテン)で、それは豊川ダキニシンテンが、稲穂をもって白い狐に跨っていることから通称「豐川稲荷」として広まったそうです。

【ご利益】

家内安全、家業繁栄、交通安全、学業増進、出産安全、商売繁盛、病気全快、厄難消除 など

アクセス

豊川駅から徒歩で5分
拝観時間  午前5時開門午後7時30分閉門
拝観料   無料
住所    愛知県豊川市豊川町1

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました