愛知県名古屋市:熱田神宮

愛知県

熱田神宮(あつたじんぐう)は、愛知県名古屋市熱田区にある神社である。祭神は熱田大神(あつたのおおかみ)であり、三種の神器の一つである草薙剣(くさなぎのつるぎ。天叢雲剣)を神体としている。剣は壇ノ浦の戦いで遺失したとも神宮に保管されたままとも言われている。

相殿に天照大神(あまてらすおおみかみ)、素盞嗚尊(すさのおのみこと)、日本武尊(やまとたけるのみこと)、宮簀媛命(みやすひめのみこと)、建稲種命(たけいなだねのみこと)を祀る。

国家鎮護の神宮として特別のお取り扱いを受ける一方、「熱田さま」「宮」と呼ばれ親しまれてきました。約6万坪の境内には、樹齢千年を越える大楠が緑陰を宿し、宝物館には信仰の歴史を物語るものとして、皇室を初め全国の崇敬者から寄せられた6千余点もの奉納品が収蔵展示されております。境内外には本宮・別宮外43社が祀られ、主な祭典・神事だけでも年間70余度、昔ながらの尊い手振りのまま今日に伝えられております。

美肌や、仕事・恋愛の勝負運を授かるスポットとして有名な熱田神宮。主祭神は「熱田大神」で、古くからある由緒正しい神社です。熱田神宮の本宮では、神話で知られている三種の神器である草薙の剣が祀られています。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

本宮

年間約700万人の参拝者が訪れ、古くから「熱田さん」と親しまれている熱田神宮は、三種の神器の草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)のある御社として有名です。その広さは約19万平方メートル。境内には熱田神宮のご祭神である熱田大神(あつたのおおかみ)が祀られた「本宮」を始めとして28の社(やしろ)があります。

本宮に祀られている熱田大神とは、草薙神剣を御霊代(みたましろ)とする天照大神(あまてらすおおかみ)のこと。他にも草薙神剣の逸話にまつわる素盞嗚尊(すさのおのみこと)や日本武尊(やまとたけるのみこと)らが「五神さま」と呼ばれ一緒に祀られています。

一之御前神社

一之御前神社は、本宮に祀られている神剣・草薙の太刀にお宿りする熱田大神の荒魂(あらみたま)がお祀りされている場所です。こころの小径と一之御前神社は、以前は立ち入ることができませんでしたが、2012年12月から参拝できるようになりました。ただ、今でも熱田神宮における最も神聖な場所のため、写真撮影は禁止されています。

荒魂

神様の霊魂が持つ二つの霊魂のうち、一つが「和魂(にきたま)」、もう一つが「荒魂」であると言われています。和魂は神様の平和的側面、荒魂は勇猛さや怒りの側面のことだそうです。

清水社

水を司る神様「罔象女神(みずはのめのかみ)」が祀られた清水社(しみずしゃ)は、一之御前神社からこころの小径を東へ。途中右側に本宮の後姿を見ることができ、左側には御神庫(防空壕)があります。美肌と目にご利益があるとされており、女性に人気のパワースポットとされています。

楠の巨木

 

清水社のすぐそばにある大きな楠(くすのき)もパワースポットとして人気があります。この楠の樹齢は千年以上と言われ、内部が空洞になっていて蛇が住んでいます。木の根元には毎日卵が供えられ、卵を食べにでてきた蛇を見ることができたら金運アップにご利益があるとされています。

お楠さま

南新宮社から西へ参道に向かう途中にあるのが、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉册尊(いざなみのみこと)という国産み(くにうみ)神話で知られる夫婦の神様が祀られた「楠御前社(くすのみまえしゃ)」です。

この楠御前社は地元では昔から「子安の神」や「お楠さま」と呼ばれて信仰されており、参拝方法も独特です。本宮前の授与所で授与される小さな鳥居に名前と干支を書いて奉納すると願い事が成就すると言われています。縁結びや健康祈願をはじめ、夫婦ということから特に安産祈願で参拝される方が多いのです。

別宮八剣宮

祀られている祭神は本宮と同じ熱田大神。武士たちからの信仰が厚かったこともあり、勝負強さや仕事運のご利益があるとされています。

南新宮社

「南新宮社」は、無病息災のご利益があると言われており、素盞嗚尊(すさのおのみこと)を祀っている神社です。熱田神宮で唯一朱塗りがされた社として有名です。毎年6月5日を祭日とし、夏の疫病除けとしてお祭が行われます。

御神徳

【御祭神】

熱田大神(あつたのおおかみ)
熱田大神とは、三種の神器の一つである草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を御霊代(みたましろ)・御神体としてよらせられる、天照大神のことです。
天照大神は、言うまでもなく、皇室の御祖神とも至高至貴の神とも仰がれ、人々にいつくしみの徳をあたえられる神です。又、相殿神は「五神(ごしん)さま」と呼ばれ、草薙神剣とゆかりの深い神々で、宮簀媛命、建稲種命は尾張氏の遠祖として仰がれる神々です。
【相殿神】
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
ご皇室の祖神とされる大神様で、その広大なご神徳と慈しみを日本国民にあまねく授けられる大神です。伊勢の神宮をはじめ日本の多くの神社でお祀りされております。
素戔嗚尊(すさのおのみこと)
天照大神の弟君とされる神で勇猛の聞こえ高く、八岐大蛇(やまたのおろち)を退治して得た神剣・天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)を天照大神に献上致しました。これが後の草薙神剣とされます。
日本武尊(やまとたけるのみこと)
景行天皇の御子で九州から東国まで日本各地を平定した英雄神とされます。東国平定の後、尾張国造の女(むすめ)である宮簀媛命を妃に迎え、しあわせな日を過ごされました。その後、能褒野(のぼの)にてなくなられ白鳥と化して空へ飛び立った伝説を伝えます。
宮簀媛命(みやすひめのみこと)
尾張国造・乎止與命(おとよのみこと)の女(むすめ)で日本武尊の妃。尊なきあと、神慮に思い至り神剣を熱田の地に祀られたのが熱田神宮の創祀となります。
建稲種命(たけいなだねのみこと)
乎止與命(おとよのみこと)の御子で宮簀媛命の兄にあたられます。日本武尊に従い東国の平定に赴きその途中でなくなられました。尾張地方繁栄の礎を築いた神とされます。
【御霊代】
草薙神剣
皇位継承のみしるしである三種の神器の一つです。日本武尊は、神剣の大いなるご加護により東国を平定。尊のなきあと、神剣は宮簀媛命により熱田の地にまつられ今にいたっております。神剣の名「草薙」は、尊が東国において、この神剣により草を薙いで難をのがれたことからこの名があります。

【ご利益】

美肌、仕事運アップ、恋愛の勝負運アップ

熱田神宮の属性

熱田神宮は空属性のパワースポットとされています。

空属性の人は、「浸透性」があります。「空」は空気のような存在です。
そのため、あなたは存在感があり存在感がない不思議な人です。

創造的な能力を持っているのでクリエイターになれる人が多いです。
独自の視点で物事を見て、そのとおりに行動していくのが大切です。

アクセス

名鉄名古屋本線・常滑線「神宮前駅」西口〜熱田神宮敷地内 徒歩3分
JR東海道本線「熱田駅」出口〜熱田神宮敷地内 徒歩3分
名古屋市営名城線「神宮西駅」2番出口〜熱田神宮敷地内 徒歩1分
名古屋市営名城線「伝馬町駅」1番出口〜熱田神宮敷地内 徒歩4分
拝観時間  自由
拝観料   無料
住所    愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1-1

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました