愛知県名古屋市:断夫山古墳

愛知県

断夫山古墳(だんぷさんこふん、だんぷやまこふん)は、愛知県名古屋市熱田区旗屋町にある前方後円墳。国の史跡に指定されている。

熱田神宮では「陀武夫御墓」と称するほか、古くは「鷲峰山」「団浮山」「段峰山」などとも表記された。愛知県では最大規模の古墳で、6世紀前半(古墳時代後期)の築造と推定される。1987年(昭和62年)に国の史跡に指定された。その後現在までに古墳含む周辺一帯は熱田神宮公園として整備されている。

断夫山古墳 DATE
大きさ
ー全長:151m
ー前方の幅:116m
ー後円部の直径:80m
高さ
ー前方部:16.3m
ー後方部:13m

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

断夫山古墳のパワースポット

断夫山古墳がパワースポットといわれているのはまず、パワースポットに欠かせない”森林(杜・もり)”があること。そして何より長きにわたり神の力を宿した「草薙の剣」を守護してきたことがパワースポットとなっている理由になっています。

断夫山古墳と日本武尊(ヤマトタケル)

「古事記」「日本書紀」ではヤマトタケルは東征のとき、この尾張の地で豪族の娘であるミヤズヒメと結婚の約束を交わしたと書かれています。 その後ヤマトタケルは東征の帰りに死に白鳥となって飛び立ったとされています。 このヤマトタケルの墓が白鳥古墳であり、ミヤズヒメの墓が断夫山古墳であると言われています。

熱田神宮

熱田神宮(あつたじんぐう)は、愛知県名古屋市熱田区にある神社である。祭神は熱田大神(あつたのおおかみ)であり、三種の神器の一つである草薙剣(くさなぎのつるぎ。天叢雲剣)を神体としている。剣は壇ノ浦の戦いで遺失したとも神宮に保管されたままとも言われている。

相殿に天照大神(あまてらすおおみかみ)、素盞嗚尊(すさのおのみこと)、日本武尊(やまとたけるのみこと)、宮簀媛命(みやすひめのみこと)、建稲種命(たけいなだねのみこと)を祀る。

国家鎮護の神宮として特別のお取り扱いを受ける一方、「熱田さま」「宮」と呼ばれ親しまれてきました。約6万坪の境内には、樹齢千年を越える大楠が緑陰を宿し、宝物館には信仰の歴史を物語るものとして、皇室を初め全国の崇敬者から寄せられた6千余点もの奉納品が収蔵展示されております。境内外には本宮・別宮外43社が祀られ、主な祭典・神事だけでも年間70余度、昔ながらの尊い手振りのまま今日に伝えられております。

美肌や、仕事・恋愛の勝負運を授かるスポットとして有名な熱田神宮。主祭神は「熱田大神」で、古くからある由緒正しい神社です。熱田神宮の本宮では、神話で知られている三種の神器である草薙の剣が祀られています。

熱田神宮の詳細はこちら

アクセス

愛知県名古屋市熱田区旗屋町
住所     愛知県名古屋市熱田区旗屋一丁目10-45

愛知のパワースポット一覧

類似のパワースポット

大阪府堺市:上石津ミサンザイ古墳

上石津ミサンザイ古墳(かみいしづみさんざいこふん)は、大阪府堺市西区石津ヶ丘にある前方後円墳。「石津ヶ丘古墳」(いしづがおかこふん)、「百舌鳥陵山古墳」(もずみささぎやまこふん)とも呼ばれる。

上石津ミサンザイ古墳の詳細はこちら

大阪府堺市:大仙陵古墳

大仙陵古墳(だいせんりょうこふん、大仙古墳、大山古墳とも)は、大阪府堺市堺区大仙町ある日本最大の前方後円墳。周囲の古墳と共に百舌鳥古墳群を構成している。墓域面積が世界最大であるとされる。

宮内庁により仁徳天皇の陵墓と治定されており、百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)との陵号が与えられている。一般的には仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょう)または仁徳御陵(にんとくごりょう)と呼ばれる。

古墳も不思議な力を持った立派なパワースポットだそうです。

大仙陵古墳の詳細はこちら

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました