愛知県名古屋市:徳川園

徳川園 愛知県

徳川園は愛知県名古屋市にある庭園。

尾張藩二代藩主光友が、元禄8年(1695年)に自らの造営による隠居所である大曽根屋敷に移り住んだことを起源とする。光友の没後、尾張藩家老職の成瀬、石河、渡邊三家に譲られ、明治22年(1889年)からは尾張徳川家の邸宅となった。

昭和6年(1931年)、十九代当主義親から邸宅と庭園の寄付を受けた名古屋市は整備改修を行い、翌年「徳川園」が公開された。昭和20年(1945年)に大空襲により園内の大部分を焼失した後は、一般的な公園として利用されてきたが、平成16年秋に日本庭園としてリニューアルした。

金運パワースポットと言われている。特に、心が癒やされるパワースポットは名古屋観光に疲れた時にもってこい。心が癒やされるだけでなく、ご利益も得られます。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

黒門前の大木

愛知県名古屋市東区徳川町にある徳川家の大名庭園「徳川園」の『黒門前にある大木』は密かにパワースポットとして人気を集める穴場スポットです。

この大木に触れると良いエネルギーをいただけると言われています。出会い運と金運にご利益があるとされる、黒門前にある大木はタクシー乗り場のそばで見ることができます。

龍門の滝

「徳川園」には入り口の近くに大きな滝があります。この滝は『龍門の滝』と言われ、鯉が滝を登り切って、竜になったという登竜門伝説を基に作られた滝です。出世運向上のご利益があるとされています。

アクセス

市バス徳川園新出来から徒歩で3分
観光ルートバスから(名古屋駅8番乗り場より観光ルートバス「メーグル」で36分)
JR大曽根南口から徒歩で10分
住所    愛知県名古屋市東区徳川町1001

愛知のパワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました