愛知県一宮市:尾張猿田彦神社

愛知県

尾張猿田彦神社(おわりさるたひこじんじゃ)は、愛知県一宮市奥町にある神社である。

大変パワーの強い御祭神が祀られています。開運・学業成就にもご利益があるそうですが、特に良縁にご利益があります。また、こちらでは「みたま石」を頂くことができます。こちらの守護石を持ち帰り、次の参拝の時まで身に付けることで、厄除けや体の悪い部分を癒してくださるそうです。安産祈願や厄除などにもご利益があるとされています。

元々は木曽川河川敷(通称:大巻山)に鎮座していた、千勝神社(祭神:猿田彦大神)と宇受売神社(祭神:天宇受売大神)である。猿田彦大神の神託により、地元の人々のために本殿が設置され、尾張猿田彦神社と称されたという。千勝神社と宇受売神社は尾張猿田彦神社の奥宮となっている。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

参拝作法

    1. 鳥居の前で一礼をして、鳥居をくぐります。
    2. 手水舎で、手と口をお清めして、心を落ち着かせます。(ペットはゲージに入れての参拝は可能です。)
    3. 境内を拝殿に向かってゆっくり進めば、右手にトイレ・社務所、左手に庭園・池には鯉、拝殿の左に鎮魂社。
    4. 正式参拝や御祈祷のお方は、社務所また拝殿にあがって、申込書に記入し受付をします。
    5. 一般参拝の方 / 御拝・賽銭箱の前で参拝のお方は、賽銭箱の前で軽く一礼をして、お賽銭を入れます。参拝は、今まで無事に過ごせた事に感謝の心を表わし、後に心願を祈念して二拝二拍手一拝の作法で拝礼します。鈴は、拝礼の前と後に鳴らします。
    6. 拝殿へ上がっての参拝は、拝殿に上がる時に一礼をします。賽銭箱の前に坐って神前を拝めば、正面の上部に「猿田彦大神のお面」がお待ちかねです。その奥を見れば、弊殿、本殿の御神扉、心を込めて静かに拝めば願いも成就!!「みたま石」を交換して、おみくじを引きます。
    7. 参拝が済んだら、お札・お守・破魔矢・お砂・神塩などの授与品を受けます。
    8. 時間に余裕がある方は、境内の花木・池の鯉を眺めて、安らぎの時間を楽しむのも良いでしょう。
    9. 拝殿を出る時、鳥居を出る時に一礼をします。

重軽石(おもかるいし)

「重軽石(おもかるいし)」いう石があり、願い事を思い描き、軽く持ち上がるがるように唱え石を持ち上げます。もう一度持ち上げた時に、最初よりも石が軽く感じると願いが叶うと言われています。ちなみにこれは岐阜県の「千代保稲荷神社」にも置いてあります。

御神徳

【御祭神】

猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)
天宇受賣大神(あめのうずめのおおかみ)

【ご利益】

夫婦円満・良縁・開運・学業成就・安産祈願・厄除

丑年の特大絵馬

毎年、一般公募作品の中から優勝した干支絵馬が飾られ、その大きさは縦2m、横3.5mと非常に大きくインパクトがあります。丑年の2021年は、朝日が昇る富士山をバックに、牛とご祭神の猿田彦大神が仲良く並ぶダイナミックなデザインでした。

戀結び(こいむすび)絵馬

自分で絵馬に水引を結んで奉納する「戀結び(こいむすび)絵馬」や、直書きでご祭神のイラストを描いていただける御朱印が人気です。

尾張猿田彦神社の奥宮

尾張猿田彦神社の奥宮は、木曽川河川敷(通称:大巻山)にあります。

尾張猿田彦神社はもとは、旧奥町の渡し船場の南側に鎮座していた千勝神社と宇受売神社です。御祭神の猿田彦大神と天宇受賣大神はご夫婦の神様です。

全国神社の中心にある伊勢神宮では、20年に一度社殿を新調して神様に遷宮していただく儀式が1300年続いています。新宮の御用材が木曽川から伊勢湾に入る前に、縄を締めなおす場所が奥宮だったのです。

奥宮左手には、伊勢神宮遥拝所として、昭和28年の式典遷宮の際に授かった伊勢神宮三の鳥居が建てられています。

アクセス

名鉄電車玉ノ井線 奥町駅下車、徒歩約10分 [車]東海北陸自動車道一宮西ICから約15分
拝観時間  9:00~16:00
拝観料   無料
住所    愛知県一宮市奥町風田67−1

愛知のパワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました