【愛知】名古屋城|地属性 開運のパワースポット 名古屋城

愛知県

名古屋城(なごやじょう)は、尾張国愛知郡名古屋(現在の愛知県名古屋市中区・北区)にあった城郭である。通称、「金鯱城」、「金城」とも呼ばれた。

日本100名城に選定されており、国の特別史跡に指定されている。加藤清正にちなむ「清正石」があり、パワースポットとして人気。商売繁盛・金運・家内安全・愛情運・長寿などのご利益があるとされています。

キュアアミド

名古屋城のパワースポット・見どころ

名古屋といえば思い浮かぶのが、金のしゃちほこを頂く「名古屋城」。徳川家康の天下統一の夢の結晶として築城され、江戸260年にわたって御三家筆頭・尾張徳川家の居城として栄えました。金鯱を頂く巨大な天守、絢爛豪華な本丸御殿、広大な二之丸庭園など、徳川の威信をかけて築かれ、世にアピールしたのです。

2020年9月現在、天守閣は改修中のため閉館中ですが、復元した豪華な本丸御殿は見学可能。ちなみに、天守閣に頂く金のしゃちほこは1959年(昭和34年)に復元されたもので、北側を雄、南側を雌。雄は高さ2.621m、重量1,272㎏。雌は高さ2.579m、重量1,215㎏。金のウロコには18金が使用されています。

名古屋城の属性

名古屋城は地属性のパワースポットとされています。

地属性は「忍耐力・継続力・蓄積力」を持っている人です。縁の下の力持ちで、影のリーダータイプです。
とにかく我慢強い、継続できる力があります。ただ、頑固で融通が利かない人で、視野が狭くなりがちです。
視野を広く持っていかないと小さいところで躓いてしまいます。
広い視野を持つために地属性のパワースポットを訪れましょう!

Info

参考URL 名古屋城公式ウェブサイト
アクセス 地下鉄市役所駅から徒歩で5分
名古屋高速都心環状線「丸の内」から車で5分(出口から北へ)
拝観時間 9:00~16:30 入場は16:00まで
拝観料 無料
住所 〒460-0031 愛知県名古屋市中区本丸1−1
一覧 愛知県のパワースポット一覧

47都道府県別パワースポット一覧

類似のパワースポット

愛知県犬山市:犬山城

犬山城(いぬやまじょう)は、愛知県犬山市にあった城である。別名、白帝城。

現在は江戸時代前後に建造された天守が現存する。また、現存天守は国宝に指定された4城のうちの一つである。犬山城は木曽川からの龍脈が通り、龍穴があるという。

犬山城の詳細はこちら

愛知県岡崎市:岡崎城

岡崎城(おかざきじょう)は、愛知県岡崎市康生町にあった城。徳川家康の生地である。別名、龍城。

戦国時代から安土桃山時代には徳川氏の持ち城、江戸時代には岡崎藩の藩庁であった。地の龍と水龍が相まみえる場所と言われ、井戸の位置も龍穴に合せたつくりとされている。

岡崎城の詳細はこちら

岐阜県岐阜市:岐阜城

岐阜城

岐阜城(ぎふじょう)は、岐阜市の金華山(稲葉山)頂上にある山城跡です。戦国時代には、斎藤道三公の居城でした。

岐阜城の名を天下に示したのは、不世出の英傑織田信長公がこの城を攻略し、この地方一帯を平定するとともに、地名も「岐阜」と改称し、天下統一の本拠地としてからです。

金華山一帯は2011年に「岐阜城跡」として国史跡に指定されています。

その中でも岐阜城は岐阜県随一のパワースポットとされています。

岐阜城の詳細はこちら

長野県松本市:松本城

松本城(まつもとじょう)は、長野県松本市にあった城である。安土桃山時代末期-江戸時代初期に建造された天守は国宝に指定され、城跡は国の史跡に指定されている。松本城と呼ばれる以前は深志城(ふかしじょう)といった。市民からは別名烏城(からすじょう)とも呼ばれている。文献上には烏城という表記は一切ない。

1618年の正月の二十六夜の月が東の空へ登る頃、天守番の藩士である川井八郎三郎のもとに、二十六夜様が美しい姫に身を変えて現れた。そのお告げは「我を、天守の梁の上に祭り、毎月26日に三石三斗三升三合三尺の餅をついて供え、それを藩士全員で分かち合えば国が豊かになる。」というものであった。これを藩主に伝え、明治維新に至るまで毎月続けられてきた。天守六階の梁には二十六夜神が祀られている。自己覚醒や人生開運のご利益があるとされています。

松本城の詳細はこちら

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました