広島県尾道市:西國寺

広島県

西國寺(さいこくじ)は広島県尾道市にある寺院。真言宗醍醐派大本山である。山号は摩尼山、院号は総持院。本尊は薬師瑠璃光如来坐像(国の重要文化財)で秘仏である。

中国三十三観音霊場特別霊場、中国四十九薬師霊場第十六番札所、山陽花の寺二十四か寺第十九番札所、備後三十三観音霊場第六番札所である。

奈良時代の天平年間(729年 – 749年)行基が巡国中にこの地で加茂明神の霊夢を見たことにより建立されたという。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

柴燈護摩(火渡り)

西國寺には、年間を通して法要や行事が行われています。正月1日から7日までは「新春吉祥護摩祈祷会」、1月8日には「初祈祷火渡り柴燈大護摩法要」が行われます。

子もらい地蔵

西國寺は、子授け祈願でも有名なお寺です。金堂右奥には、「子授け地蔵様」がおられます。こちらでは、御祈祷料を納めたのち、「子授け地蔵様」のもとにあるお地蔵様からお好きなお地蔵様を選んで、それを自宅にお招きし御祈願するのです。

西國寺のご利益

子宝に恵まれない方が進行し台下に安置されている小さなお地蔵さんを家に持ち帰り日夜拝めば子宝を得るという。子宝ができれば小野字ものを作り二体元にかえせば子供は心身共に健全に育つといい伝えられています。

坂の町尾道では、昔から脚が健康であることがとても大切でした。仁王様のたくましい脚にあやかろうと、有名な仁王門には大わらじをはじめ、願立ての証の大小のわら草履がところせましと奉納されています。スポーツをされる方や、足腰の悪い方のお参りがたくさんあります。

尾道七佛めぐり

平安のいにしえより守りぬかれてきた尾道。その中心に位置する由緒ある七つの寺が、人々の間に今も伝わる信仰を明らかにしました。『癒しの町・尾道』の象徴として、宗派を超えての繋がりがやがて「尾道七佛めぐり」となったのです。

持光寺
天寧寺
千光寺
大山寺
西國寺
浄土寺
海龍寺
【参拝手順】
1. 山門で一礼する
2. 手水舎で身を清める(両手を洗い口をすすぐ/ない場合はお寺へ)
3. ろうそく・線香を備える
4. お賽銭をおさめる
5. 静かに合唱してお祈り
6. 納経・御朱印
7. 山門を出るときに一礼する

アクセス

尾道駅からバスで5分(バス停「西国寺下」下車)
徒歩で10分
拝観時間
拝観料
住所    広島県尾道市西久保町29-27

広島のパワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました