広島県神石郡:幸運仏

広島県

幸運仏は、広島県神石郡神石高原町にある二基の五輪塔。「宝くじ運UP」「ギャンブル運UP」「金運上昇」などのご利益があるとされています。

昭和56年11月に、道路拡張工事で地下1.5mから2基の五輪搭が出土し、土の中に仲良く並んでいたため、「夫婦墓であろう」と云われ供養された。すると、地域で次々と五組の結婚が成立したため「仏様の御利益」とお堂を造り安置。その後、縁結びや願い事の仏様として知れ渡り、現在では800組を超える縁談が成就し、年間およそ1万人の人が訪れる恋愛パワースポットとなっている。

昭和56年11月、神石郡豊松村野呂川道路改良工事現場から、地下1.5mに埋もれていた二基の五輪塔が出土いたしました。土の中に仲良く並んでいたことから夫婦墓に違いないといわれ地元民らによる供養が行われていました。それ以来、組内6件のうち5組の結婚話が降って湧いたように成立し、縁談に悩む今日歓び重なることでこれはまさに仏様のご利益と信ずるようになりました。幾百年もの地下より二の目を得られた仏様の喜びが私たちに与えられた幸運だと語り口伝えられて幸運仏と呼ばれるようになりました。
【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

幸運仏 ご利益

道拡張工事の際に地下1.5mのところから2基の五輪塔が掘り出されたそうです。夫婦の墓であろうと地域の人たちが供養したところ、その地域の者の内からとたんに5組の結婚話が成立したそうです。たちまちこの噂は広がり、2基の五輪塔はいつからか「幸せを運んでくれる“幸運仏様”」と呼ばれるようになりました。

上記のことから恋愛成就のご利益があると言われています。絵馬には大願成就やハート型の恋愛成就の絵馬があります。

アクセス

福山東ICから車で50分
東城ICから車で50分
拝観時間  自由
拝観料
住所    広島県神石郡神石高原町下豊松114

広島のパワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました