【茨城】鹿島神宮|武の神を祀る勝負運のパワースポット

鹿島神宮 茨城県

鹿島神宮(かしまじんぐう)は、茨城県鹿嶋市に所在する神社です。

武の神「武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)」を御祭神としてお祀りしています。

鹿島神宮は、神武天皇元年(紀元前660年)の創建である伝えられています。

「神宮」と呼ばれていたのは、伊勢神宮、香取神宮、そして鹿島神宮の三社のみで、由緒と歴史の長さでは別格の存在です。

鹿島神宮の御祭神は「武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)」をお祀りしており、武の神として古くから皇室や藤原氏の崇敬を受けてきました。

その後、武士たちからも厚く信仰され、武術も盛んになりました。

武士たちから崇拝された鹿島神宮は、現在では勝負運のパワースポットとして知られています。

キュアアミド

鹿島神宮のパワースポット・見どころ

鹿島神宮全体がパワースポットですが、境内には強力なエネルギーがある場所があります。

御手洗池(みたらしのいけ)

鹿島神宮の御手洗池

1日に40万リットル以上の湧水があり、水底が一面見渡せるほど澄みわたった池です。

昔は参拝する前にここで禊をしました。

御手洗池の水は浄化の力を持つ御神水だとされています。

要石

鹿島神宮の要石
地中深くまで埋まる要石が「地震を起こす鯰の頭を抑えている」と古くから伝えられています。

要石については
「水戸の徳川光圀公がどこまで深く埋まっているか確かめようと7日7晩にわたって掘らせたものの、いつまで経っても辿り着くことができなかったばかりか、怪我人が続出したために掘ることを諦めた」
という話が黄門仁徳録に記されています。

鹿島神宮の属性

鹿島神宮のパワースポット属性は火属性とされています。

火属性は「行動・思考」を原動力としている人です。
物事を達成させる底力を持っているのですが、努力を欠きやすい傾向にあります。
火属性の方に大切なのは行動力です。

火属性のパワースポットに訪れることで、何かキッカケを生む状況を作るのがよいでしょう。
そうすると感情がエネルギーが活性化され、行動力できっと目標を達成できるとされています。

Info

参考URL 鹿島神宮 | 常陸国一之宮
アクセス 鹿島神宮駅」から鹿島神宮までは、徒歩で10分ほど
拝観時間 自由
拝観料 無料
住所 〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2306−1
一覧 茨城県のパワースポット一覧

47都道府県別パワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました