群馬県前橋市:宮鍋神社

群馬県
最高濃度のホワイトケアクリーム

[Qoo10] ハイドロキノン2100倍の効果『シムホワイト』最高濃度ホワイトケアクリーム シミくすみトーンアップ

WWW.QOO10.JP

宮鍋神社は群馬県前橋市の神社。総社神社の元地(もともとあったところ)。主祭神は経津主命・金山昆古神・金山昆賣神。

人皇第十代崇神天皇の第一皇子豊城入彦命が投獄当地の命を奉じ、この地方に加工した際、宮野変後に経津主神を際しして武運長久を祈ったのが始まりと伝えられる。

549柱もの神様が祭られており、ここに参拝するだけで群馬県のすべての神さまにお参りできるという。出世や農耕·海上守護にご利益があるとされています。

御神徳

【御祭神】

経津主命(ふつぬしのみこと)
金山昆古神(かなやまひこのかみ)
金山昆賣神(かなやまひめのかみ)

【ご利益】

招福・開運・出世・農耕・海上守護 など

古総社(現宮鍋神社)の前を通過する折に「数株老樹斧屑残」(数株の老樹に斧の傷跡を残す)とあり、これらの日記から察するに永禄九年(一五六六)頃、武田軍と長尾軍の合戦により焼失した惣社神社は、宮之辺の地ではなく現在地であろうと思います。

次に宮鍋は宮之辺が変化したのではなく、惣社神社移転の跡地の東傍らの屋敷(二〇四一、二〇四二番地)に鋳物を業とする人々が定住して、経津主命に鋳物師が崇敬する製鉄の神、金山昆古神、金山昆賣神を合祀して「宮鍋神社」と称したのであろうと思います。鍋という字は、他県の鋳物師の氏神には数多く使われている様です。

前記二屋敷跡より多くの鋳物屑が発見されております。

明治三十年十月に木造鳥居の建立記録が殿小路町にあり、大正八年四月十六日総社神社に合併されましたが、昭和6年十二月一日県の指示により、再び宮之辺の地に移転となりました。当社は今なお「宮鍋様」と称して、殿小路町、粟島町の崇敬の社であります。

アクセス

拝観時間  自由
拝観料   無料
住所    群馬県前橋市元総社町

群馬のパワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました