群馬県富岡市:妙義神社

妙義神社 群馬県

妙義神社は、奇岩と怪石で名高い妙義山の主峰白雲山の東山麓にあり、老杉の生いしげる景勝の地を占めている。
創建は「宣化天皇の二年(537)に鎮祭せり」と社記にあり、元は波己曽(はこそ)の大神と称し後に妙義と改められた。  

そもそも妙義と云う所以は、後醍醐天皇に仕へ奉りし権大納言長親卿、此の地に住み給いて明々魂々たる山の奇勝をめで、明魂と名づけしものを後世妙義と改めたと思われる。

古くより朝野の崇敬殊に篤く、開運、商売繁昌の神、火防の神、学業児童の神、縁結の神、農耕桑蚕の神として広く世に知られ、関東、甲信越地区より参拝する者が多い。石段の手前にある樹齢500年の大杉3本に囲まれた三角形の空間がパワースポットだという。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

石段

妙義神社の石段

妙義神社の鳥居をくぐり、長い坂道の参道を登ると、前方に階段があります。そのあたりから、御神域のパワーが強くなってきます。

階段を登りしばらく進むと、1774年(安永2年)に建てられた、重要文化財である立派な総門が見えてきます。

本殿

妙義神社の本殿

本社は宝暦6年(1756年)の建造。本殿・幣殿・拝殿からなっていて壮麗な権現造りです。

ヤマトタケル命に相応しい、目を引く彫刻。特に拝殿の部分では向拝部とつなぐ部分には素晴らしい龍の彫刻が施されています。他にも欄間、壁にも鶴や菊、竹林七賢人など。いずれも見事な彫刻と鮮やかな極彩色で本社をいっそう華やかに感じることができます。

天狗様

妙義山には天狗が住むという言い伝えがあります。天狗は一部の山伏が死後に転生した姿。このことから、妙義山が山岳信仰の山であったことがわかります。

そして本殿の裏側に祀られているのは天狗様。ここの前では天狗様に見据えられているような、得体のしれない強いパワーが感じられます。心願成就にご利益がありますが、叶えてくれる願いはひとつだけ。

三本杉

樹齢500年の三本杉に囲まれた場所が、パワーの強いスポット。ダイナミックで緑豊かな境内は、大河ドラマのロケ地としてもたびたび使用されています。

波己曽社

妙義神社が神仏習合だった頃にお寺だった地域。元々の御祭神が祀られた波己曽社が、1969年(昭和44年)にこの地域に移築されています。

2007年(平成19年)の台風で本殿周辺が土砂崩れで立ち入り禁止になった時には、ご祈祷を波己曽社で行ったほど重要なお社ですから、お参りは忘れずに。

御神徳

【御祭神】

日本武尊(やまとたけるのみこと)
高皇産霊神(たかみむすびのかみ)
菅原道真公(すがわらのみちざねこう)
権大納言長親卿(ごんだいなごんながちかきょう)

【ご利益】

開運、商売繁昌、縁結び、農耕桑蚕、出世運、上昇運、生命力、統率力アップ

アクセス

松井田駅からタクシーで10分
上信越自動車道松井田妙義ICから車で5分
拝観時間  9:00~17:00 無休
拝観料   無料
住所    群馬県富岡市妙義町妙義6番地

群馬のパワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました