神奈川県足柄市:大雄山 最乗寺

高品質・低価格なサプリメントならネイル-Nail-
神奈川県

最乗寺(さいじょうじ)は、神奈川県南足柄市にある曹洞宗の寺院。山号は大雄山(だいゆうざん)。応永8年(1401年)峨山五哲である通幻寂霊門下の了庵慧明によって開山され、東国における通幻派の拠点となる。通幻門下は各地で公共事業を行い民心をつかむが、最乗寺にもこの地で土木工事を行ったという了庵法嗣の妙覚道了(道了尊)が祀られている。

天狗の高下駄「御真殿の高下駄」で知られる。高下駄が左右一対そろって役割をなすことから夫婦和合の信仰が生まれた。

最大のパワースポットという御真殿をはじめ、本尊が祭られている護国殿、金運の御利益があるという三面殿、身を賭して万人の幸福を願った尼が祭られている女性向けのスポット慧春尼堂(えしゅんにどう)などがある。

風水的には、もともと富士山龍脈が通っていた場所だという。大山阿夫利神社から最乗寺、明神ヶ岳、箱根山そして芦ノ湖へと東北から南西へと一直線に結ぶレイラインがあり、大きな気の通り道となっている。杉木立の参道を抜け、山門をくぐってすぐのところに「坐禅岩」があり、次のような言い伝えがある。

明徳年間、了庵慧明禅師が曽我の竺土庵(ちくどあん)に閑居の時、一羽の鷲が禅師の袈裟をつかんで飛び去り、山中の大松の梢に掛けた。禅師は袈裟を探して山中に入り、ついにこれを見つけ、大松の近くの坐禅石上に端坐すると、袈裟は梢から離れて禅師の肩にかかった。この奇瑞によりこの地を佛法興隆の処と定めて、大雄山の開山を発願したという。

霊感の高い人が岩の上で手をかざすと、赤くなってくるという。また、この袈裟掛けの松は、天狗の小径の途中にある。また本堂の先、左手にある金剛水堂に湧く「金剛水」は霊泉として知られており、禅師が指示をした場所からこんこんとわき出てきたと伝えられている。

奥の院周辺からさらに左に登ったあたりにもパワーの源があるという。縁結び・ビジネス・仕事・癒し・浄化・厄除けなどのご利益があるとされています。

本堂

本堂(護国殿)には、御本尊である「釈迦牟尼佛」が祀られています。癒しと浄化のスポットとされており、お釈迦様の前で座禅をすると、頭がクリアになり、心身の疲れた方は気の充電をできます。

坐禅石

坐禅石」は、開山時に仏法興隆を発願したもので、霊性・直観力アップのパワースポットとされています。強いエネルギーが降りる霊石で、邪気祓いとパワーチャージもできます。

清心の滝

清心の滝もパワースポットのひとつとされています。昔からの垢離の行場で、権現水をもって心の中の邪念を洗い流します。正面が男瀧、右手が女瀧。滝の上には、不動堂があり関東三十六不動霊場の御本尊である清滝不動明王や天佑不動明王愛染明王が祀られています。

結界門

結界門の前に架かる御供橋を渡り、結界門をくぐれば心身清浄となるそうです。強い結界が張られる御供橋・結界門の先は、大雄山の守護・道了上人が祀られる聖域です。

御真殿

大雄山最乗寺最大のパワースポットと呼ばれているのが、御真殿(妙覚宝殿)です。御真殿(妙覚宝殿)には、道了尊が祀られおり、1月、5月、9月の28日にご開帳が行われます。祀られている道了尊が御開帳になるときが特にご利益を授けていただけるそうです。

御真殿の向かって左手に奉納された大小の高下駄があります。下駄は左右一対そろって役割をなすことから、夫婦和合のご利益を授けてくださるといわれています。

奥の院

奥の院には、十一面観世音菩薩が祀られています。また、十一面観世音菩薩の化身が道了尊です。

天狗の小径

仁王門と境内をつなぐ「天狗の小径」、天狗が守護する「奥の院への石段」は、杉並木が強いエネルギーを放つ、気の浄化と生気アップのパワースポットとされています。

慧春尼堂

女性の方におすすめのパワースポットといわれているのが慧春尼堂です。叶布と呼ばれる祈祷を施した赤白いずれかの布に願事を描いて納めて祈願すると、その願いが叶うといわれています。

最乗寺の属性

最乗寺は空属性のパワースポットとされています。

空属性の人は、「浸透性」があります。「空」は空気のような存在です。
そのため、あなたは存在感があり存在感がない不思議な人です。

創造的な能力を持っているのでクリエイターになれる人が多いです。
独自の視点で物事を見て、そのとおりに行動していくのが大切です。

アクセス

小田原駅→大雄山駅 (大雄山線21分)
大雄山駅→道了尊 (バス10分)
大井松田インター→道了尊(20分)
小田原→道了尊(30分)
住所    神奈川県足柄市大雄町1157

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました