栃木県日光市:日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)

日光東照宮 栃木県

日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)は栃木県日光市に所在する神社です。

江戸幕府初代将軍徳川家康を神格化した東照大権現をお祀りしています。

現在ほとんどの建築物などが国宝や重要文化財に指定され、1999年に世界遺産にも登録されました。

パワースポットというだけでなく、観光スポットとして世界中から参拝者が訪れる神社です。

日光東照宮全体がパワースポット

日光東照宮は風水・陰陽道など様々な手法を使い、運気の良い場所・エネルギーがみなぎる場所に建造された神社です。

本殿前に造られた陽明門は真南を向おり、真北を向いている江戸城と向かい合わせになっています。

日光東照宮は

  • 男体山から男性的な力強いエネルギー
  • 女峰山から女性的な柔らかで優しさに包まれたエネルギー

を受けていると言われ、子宝・恋愛成就によいとされています。

この地形が大地のエネルギーを産み、仕事運、勝負運、上昇運などのパワースポットとして有名になりました。

四神相応の土地相に建造されている日光東照宮全体がエネルギーの漲るパワースポットだと言えます。

境内全体がパワースポットだと言われる日光東照宮の中でも特に強いエネルギーがあるとされている場所があります。

叶杉

樹齢約600年と言われており、「杉のほこらに向かって願いことを奏でると叶う」と伝えられています。

パワースポットとして有名で、多くの人が参列します。

青銅の鳥居

青銅の鳥居(二の鳥居)付近が強力なパワースポットとされています。

鳥居は、神域などの入口を意味しますが、二の鳥居、陽明門、唐門、拝殿、本殿は、南北に一直線に並んでいます。

青銅の鳥居の周辺が北辰の道の起点と呼ばれ、パワーがあるとされています。

北極星へ向かう道のことを「北辰の道」と呼びます。

陽明門と手前の鳥居を中心に結んだ上に北極星が来るように建てられています。

奥宮宝塔

日光東照宮_奥宮宝塔
徳川家康の墓と伝えられている「奥宮宝塔」は生気の発生元と言われています。

宮拝殿に戻る時に気を定着させるため「井戸水に触れるとよい」とされています。

左甚五郎の作品として知られる「眠り猫」は奥社参道入ロの回廊にあります。

日光東照宮の属性

日光東照宮は空属性のパワースポットとされています。
空属性の人は、「浸透性」があります。「空」は空気のような存在です。
そのため、あなたは存在感があり存在感がない不思議な人です。

創造的な能力を持っているのでクリエイターになれる人が多いです。
独自の視点で物事を見て、そのとおりに行動していくのが大切です。

アクセス

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました