奈良県吉野郡:玉置神社

玉置神社 奈良県

玉置神社(たまきじんじゃ)は、奈良県吉野郡にある神社です。

創立は紀元前三十七年第十代崇神天皇の御宇に王城火防鎮護と悪魔退散のため、早玉神を奉祀したことに始まると伝えられています。

古くより修験の行場の一つとされ、平安時代には神仏混淆となり玉置三所権現または熊野三山の奥院と称せられ霊場として栄えました。

境内には樹齢三千年と云われる神代杉を始め、天然記念物に指定されている杉の巨樹が叢生しました。

平成十六年には「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されています。

玉置神社のパワースポット

玉置神社は広大な神社です。

境内でもエネルギーが満ちていると言われるパワースポットを紹介します。

神代杉

樹齢三千年と云われる神代杉に触れることで、パワーを受け取ることができると言われています。
神代杉
境内には、天然記念の老巨杉群(神代杉・常立杉・磐余杉・大杉等)があります。

その中でも神代杉は、樹齢3000年と言われ、荘厳な雰囲気を纏っています。

玉石神社

境内と頂上付近の二か所にある玉石社では、熊野磐座信仰の一つとして玉石が奉られています。

社殿がなく神体である玉石そのものに礼拝する古代の信仰様式を残しています。

また、この玉石社が玉置神社の基となったと言われています。

聖域の根本的な要素である枕状溶岩露頭を峯中路から拝礼しようとする場合、玉石社の祭壇は適所であることから、本来は拝所であったと思われます。

摂社・三柱神社

摂社・三柱神社
三柱神社は古くは三狐神(みけつかみ)と呼ばれ、熊野地方の稲荷信仰の要の神社として古くから信仰を集めていたそうです。

全国の稲荷社の基だともいわれています。

境内に存在する摂社には、玉置神社に縁の深い神である倉稲魂神(うがのみたまのかみ)・天御柱神(あめのみはしらのかみ)・国御柱神(くにのみはしらのかみ)の三柱が奉られていると言われています。

ご利益は商売繁盛、五穀豊穣、大漁海上安全、悪魔退散。

とくに狐憑きに陥った人から狐の霊を除霊する霊験だったと伝えられています。

玉置神社の属性

玉置神社は空属性のパワースポットとされています。
空属性の人は、「浸透性」があります。「空」は空気のような存在です。
そのため、あなたは存在感があり存在感がない不思議な人です。

創造的な能力を持っているのでクリエイターになれる人が多いです。
独自の視点で物事を見て、そのとおりに行動していくのが大切です。

アクセス

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました