和歌山県那智勝浦町:那智滝

那智滝 和歌山県

那智滝(なちのたき)は、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町の那智川にかかる滝。華厳滝、袋田の滝と共に日本三名瀑に数えられている。

那智山中には、いくつかの渓流があり、その渓流には60余に達する多くの滝が架かっている。「那智滝」とは、本来は、那智山の多くの滝のうち、瀧篭修行の行場として扱われた48の滝(那智四十八滝)の総称であった。しかし、現在、一般に那智滝として知られている滝はこれらのうち、一の滝を指している。一の滝における落差は133mに及び、単独の滝では落差国内一位を誇る。

那智山一帯は、滝に対する自然信仰の聖地であり、一の滝は現在でも飛瀧神社の神体であって、飛瀧神社の境内に設けられた滝見台からその姿を見ることが出来る。

滝の落口の岩盤に切れ目があり三筋に分かれて流れ落ちるため三筋の滝ともいい、また那智の滝の代表するということから那智の大滝とも呼ばれる。2004年7月、ユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録された。

熊野那智大社では、ご利益も様々です。 主祭神である熊野夫須美大神は「結(むすび)」の字でも表わされることから、所願成就や縁結びのご利益があると言われています。 また万物を生み出し育む神とされていることから、農林水産漁業の繁盛、無病息災、長寿などのご利益があるとされています。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

熊野那智大社

熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)は和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある神社。所願成就や縁結び、無病息災、長寿などご利益があるとされています。

熊野三山の一つ。熊野夫須美大神を主祭神とする。かつては那智神社、熊野夫須美神社、熊野那智神社などと名乗っていた。また、熊野十二所権現や十三所権現、那智山権現ともいう。

2004年7月1日、ユネスコの世界文化遺産に「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録された。

一般に、熊野本宮大社(和歌山県本宮町)、熊野速玉大社(和歌山県新宮市)、熊野那智大社(和歌山県那智勝浦町)が紀州の熊野大社(熊野三山)とされ、全国に数多い熊野神社でも最も知られている。

アクセス

那智勝浦駅からバスで(熊野交通バス、那智山行き「滝前」下車約30分)
住所    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山

和歌山のパワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました