兵庫県南あわじ市:おのころ島神社

兵庫県

自凝島神社(おのころじまじんじゃ)は、兵庫県南あわじ市(旧三原町)にある神社である。おのころ島神社とも表記される。磤馭盧島神社という表記もあるが、ほとんど使われていない。縁結び・夫婦和合・夫婦円満・恋愛成就・安産祈願・学業成就・進学・交通安全のご利益があるとされています。

伊弉諾尊・伊弉冉尊を主祭神として菊理媛命を配祀する。当社が鎮座する丘が両神による国産み・神産みの舞台となった自凝島であると伝えている。このことから縁結びや安産などの御利益があるといわれる。

高さ21.7メートルの大きな鳥居が有名。この鳥居は平安神宮及び厳島神社と並び「日本三大鳥居」の一つに数えられる。当社西側を流れる三原川には朱色の欄干の「おのころ橋」がかかっている。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

大鳥居

おのころ島神社の「第一鳥居」です。高さ21.7m・柱間口12.7m・笠木全長31.2m・柱直径3mとなっており、美しい朱塗りの大鳥居。ビルの7階相当の高さがあります。

京都の平安神宮、広島の厳島神社と一緒に日本三大鳥居の一つに数えられています。朱色の大きな鳥居は、人間の世界と神様の世界を分ける結界の意味を持ちます。

鶺鴒石

兵庫・おのころ島神社のパワースポット「鶺鴒石」(せきれいいし)です。伊邪那岐と伊邪那美が、石に止まっている鶺鴒の夫婦を見たときに、国生みのヒントを得たと言われているのが「鶺鴒石」です。縁結びにご利益があり、良縁を求める方にも、パートナーとの絆を深めたい方にもおすすめしたいパワースポットです。

新しい出会いを授かりたい方

良縁を祈願するための参拝方法があります。まず、白い縄のみを握り、続いて、赤い縄のみを握ります。その後は、思いをしっかりとこめて、お祈りします。とても分かりやすい祈願方法ですし、看板もあるので安心です。新しい出会いと良縁をしっかりと祈りましょう。

今のパートナーと縁を深めたい方

良縁を祈願するための参拝方法があります。まず、白い縄のみを握り、続いて、赤い縄のみを握ります。その後は、思いをしっかりとこめて、お祈りします。とても分かりやすい祈願方法ですし、看板もあるので安心です。新しい出会いと良縁をしっかりと祈りましょう。

パートナーがいる方で、おひとりで祈願に来られた方は、まず、赤い縄を握り、続いて白い縄を握ります。そして、絆が深くなるように思いをしっかり込めてお祈りをしましょう。

【ご神木】樹齢900年の夫婦松(こえまつ)

神社の右側には、樹齢900年の夫婦松があります。覆堂の中に横たわった状態でご神木が並べられています。左側にある大きな松の木はおん松、右側にある細い松の木はめん松です。夫婦松は、明治時代以前に枯れてしまったそうですが、覆堂が建てられ、今でも大切に祀られています。

招福の松葉【三鈷(さんこ)の松】

大鳥居を潜ると、すぐ脇にある松の木が「三鈷の松」(さんこのまつ)です。松の木は、通常は2つに葉が分かれているのですが、おのころ島神社の松の木は、葉が3つに分かれているのです。大変珍しいため、縁起物とされています。三鈷の松は、財運と招福のご利益があると言われています。

安産のお砂所

安産のお砂所」(産宮神社)は名前の通り安産のパワースポットです。お砂所の塩砂は、国生みの神話で、天の沼矛から滴り落ちた塩だと言われています。安産の神様がいらっしゃるとのことで、たくさんの方が安産祈願に訪れるスポットです。安産のお砂所は、神社から西側に降りた場所にあります。

御神徳

【御祭神】

伊弉諾命(イザナギのミコト)
伊弉冉命(イザナミのミコト)
 菊理媛命(キクリヒメのミコト)

【ご利益】

健康長寿・良縁堅固・夫婦和合・安産塩砂

アクセス

西淡三原ICから車で15分
三ノ宮バスターミナルから高速バスで70分
榎列バス停から徒歩で10分
拝観時間  9:00~17:00
拝観料   無料
住所    兵庫県南あわじ市榎列下幡多415

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました