京都府京都市:晴明神社

高品質・低価格なサプリメントならネイル-Nail-
京都府

晴明神社(せいめいじんじゃ)は、京都市上京区にある神社である。陰陽師・安倍晴明を祀る。一条戻橋のたもと(北西)の、安倍晴明屋敷跡に鎮座する。全国各地に同名の神社が存在する。

本殿の北には、晴明井といわれる井戸があり、ここから湧く水は晴明水と呼ばれ、晴明の陰陽道の霊力より湧き出たといわれ、無病息災のご利益があるといわれている。伝承によれば千利休が茶会において、この井戸から汲んだ水を沸かし、茶の湯として利用していたといわれ、豊臣秀吉もその茶を服されたと伝えられている。

この井戸は五芒星(晴明紋)を描き、その取水口がその星型の頂点の一つにあり、立春には、晴明神社の神職がその晴明井の上部を回転させ、その年の恵方に取水口を向けるのが、慣わしとなっている。「名づけの神様」として、市内の人々が赤ん坊の名前を付けてもらいに参拝することがある。

桃は陰陽道では魔除け、厄除けの果物とされているが、晴明神社には「厄除桃」がある。この「厄除桃」を撫でることで、自分の厄を桃にうつすことができ、厄除けになるという。また、桃の実をあしらった厄除けのお守りもある。病気や怪我をはじめとする、魔除け、厄除けのご利益があるとされています。

一の鳥居

額に掲げられた金色に輝く社紋「晴明桔梗」が特徴的です。鳥居の額には、通常、神社名やお祀りしている神様の名前を掲げることが多いのですが、この鳥居には社紋が掲げられており、全国的にも珍しいものといわれます。「晴明桔梗」は、「五芒星」とも呼ばれ、晴明公が創られた陰陽道に用いられる祈祷呪符のひとつです。

五芒星

これは晴明桔梗印です。今でも志摩地方の海女が魔除け、事故防止で手拭いに縫い付けるのはこの五芒星です。これは陰陽五行説の五行、木・火・土・金・水を司るために使われたと考えられています。

五行説と直接は関係ありませんが、この星型は世界中で魔除けや呪術の記号として使われてきました。

本殿・拝殿

境内のもっとも奥に、晴明公をお祀りする本殿があります。晴明桔梗が随所にあしらわれ、おごそかな雰囲気に包まれています。現在の本殿は、明治38年に建てられたものです。

末社

ご本殿の横には末社があり、これはお稲荷さまなどを祀った「齋(いつき)稲荷社」。安倍晴明は、お稲荷さんの生まれ変わりだったり、晴明の母(葛の葉)がキツネ(お稲荷さんの使い)だったりする説も。日本各地で稲荷神信仰と習合されています。

安倍晴明公像

この像は、当神社が所蔵する安倍晴明公の肖像画を元に作成されました。晴明公が、衣の下で印を結び、夜空の星を見て遠く天体を観測しておられる様子をあらわしています。

式神石像

旧・一條戻橋の傍らには、式神の石像が置かれています。式神とは、陰陽師が使う精霊で、人の目には見えません。晴明公が、この地にお住まいになっていたころには、奥さまが怖がっておられましたので、式神は橋の下に封じ込められていました。その折には、式神がこの橋を渡る人の占い、つまり、橋占(はしうら)をしていたと伝えられています。

ご神木

ご本殿の前にあるのが、ご神木。樹齢300年を超えるクスノキがどっしり鎮座しています。両手をあてて、祈りをささげると、大樹のパワーが感じられます。
クスノキは防虫効果のある原料としても使われていました。虫は病原菌を移すため、クスノキは病気除け、魔除けという意味合いがあるのです。

晴明井

晴明公が念力により湧出させた井戸が、この晴明井です。病気平癒のご利益があるとされ、湧き出す水は現在でも飲んでいただけます。水の湧き出るところは、その歳の恵方を向いており、吉祥の水が得られます。恵方は毎年変わりますので、立春の日にその向きを変えます。

厄除桃

古来、中国また陰陽道では、桃は魔除け・厄除けの果物といわれます。この桃を触ると、知らず知らずのうちに身に付いた、まがごと・罪・穢れなどが祓われるという。 桃は古代から魔除けの霊力が宿っていると信じられ、古事記によると、伊邪那岐命から「意富加牟豆美命」(おおかむつみのみこと)という神名を贈られている。意味は「大いなる神の果実」。

五芒星の絵馬

魔除けや厄除けにご利益のある、五芒星の絵馬は参拝者に人気。俳優や作家など著名人が奉納した絵馬も数多く見ることができます。

一番の人気は、羽生結弦選手が奉納した絵馬。晴明神社を参拝し、安部晴明が乗り移ったような迫真の演技を見せた羽生選手。「羽生くんの絵馬が見られる!」とあって、晴明神社はファンの聖地にもなっています。

晴明神社の属性

晴明神社は水属性のパワースポットとされています。

水属性は「浄化力」を持っている人です。
轟々と我を突き通す「火属性の人」を調整・制御する事に凄く長けています。
また水はいかようにも様子を変えます。そのため、優しさ・冷徹さを併せ持っています。自分でも気づいていないですが相反する2つの事象が自分の心の中に混在している人です。

これからの人生を過ごす上で大事なのは、力のバランス。
何事もどちらか一方に偏るとあなたの良い面が消されて、結果が発揮されない可能性があります。
水は色んな姿に形を変えますよね?それと同じように、どんな風にもどんな方面にも並列的に物事をこなすのが大事です。

アクセス

JR 京都駅より 9番「一条戻橋・晴明神社前」下車 徒歩すぐ
阪急 烏丸駅、地下鉄 四条駅より 12番「一条戻橋・晴明神社前」下車 徒歩すぐ
参拝時間  午前9:00〜午後4:30(無休)
参拝料   無料
住所    京都府京都市上京区晴明町 806堀川通

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました