青森県むつ市:恐山

青森県

恐山は、カルデラ湖である宇曽利湖(うそりこ)を中心とした外輪山の総称で、その正式な呼び名は「恐山菩提寺」。火山岩に覆われた「地獄」と呼ばれる風景と、美しい宇曽利湖の「極楽浜」との対比が特徴です。

霊場であり、高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊場の一つとして有名です。寺名は恐山菩提寺、本坊はむつ市田名部にある曹洞宗円通寺である。本尊は延命地蔵菩薩。自然のエネルギーが豊富で、厄除け・浄化・開運に効果があるとされています。

恐山

恐山は日本3大霊場の一つに数えられる、死者の魂が集まる場所です。恐山菩提寺の住職によればこの場所自体には何の力もなく、死者の魂が集まるだけの「逆パワースポット」とのこと。何か力をもらえるというよりは、イタコによる死者の降霊だったり、心霊現象だったり、霊感に目覚めたり、むしろ憑依されて具合が悪くなったりと、訪れるのには心構えと注意が必要な場所です。

恐山街道の途中にある湧き水で、1杯飲めば10年、2杯飲めば20年、3杯飲めば死ぬまで若返ると言われています。

古くから死者への供養の場として知られるが、奥州藤原氏の隠し金山であったとも噂されています。エネルギーがとても強い反面、悪いものも引き寄せるともいわれています。軽い気持ちで入山すると呪われるという噂もある、身が引き締まるパワースポットです。

三途の川

恐山の入り口でまず目につくのが三途の川と呼ばれている正津川。つまり、この川の向こうがあの世だということが表されています。この正津川は宇曽利山湖から唯一流れ出ている川で、独特な青緑色の水が特徴的。

その上にかかる太鼓橋の鮮やかな朱色とのコントラストが、美しくも不気味な雰囲気を醸し出しています。太鼓橋には白い布がかかっているのが見えますが、これはあの世に行くときに暗闇でも手探りで道がわかるようにするためだと言われています。

恐山温泉

入山料を支払って中に入ると、境内の真ん中に恐山温泉があります。一見温泉のようには見えない小屋のような作りになっていて、見落としそうになる外観です。小屋の周りでは観光客や参拝客が歩いているので、温泉内から窓は開けないようにしましょう。

恐山温泉には男湯、女湯、男女入れ替え制の湯、混浴の4つのお風呂があります。特徴的な、うっすらと緑がかったお湯は、少し熱めの温度に設定されています。泉質は硫化水素含有酸性緑ばん泉で、神経痛やリウマチ、胃腸病に効果があるとされるお風呂です。

恐山のご利益

【主祭神】

延命地蔵菩薩
開運福徳・健康・長寿・恋愛・良縁・救済・癒し
【口コミ】
死者の感情がよみがえる。
生と死を見つめなおせる。
若返り。
霊的なパワーより地中からのパワーが強い。

注意点

宇曽利山湖は古い思いを断ち切ることができる場。砂浜に座り、捨てたい思い出、悲しい思い出を水面に思い描くとよい。すっきりしたら感謝の意を表し立ち去る。後ろを振り向いてはいけない。

湖の近くにある六角堂には行かないように。悲しみが溜まっている。

恐山の属性

恐山は風属性のパワースポットとされています。

風属性は「活性化力・癒し力」を持っている人です。
風向きが変わる、風が変わるなど「時間の流れ」に 関連する自然エネルギーと深く関わる人です。
また色んな人の風向きを変える力を持っている人です。良くも悪くも相手の風向きを変えてしまいます。
その結果、あなたも何らからの影響を得る可能性があります。
影響力が強い人なので言葉・行動に注意していきましょう。風属性のパワースポットに訪れ新しい風を吹かせてはどうでしょう?

アクセス

下北駅からバスで45分(下北交通「恐山」行き)
住所    青森県むつ市田名部字宇曽利山3-2

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました