【秋田】田沢湖金色大観音|”開運招福”黄金のパワースポット

田沢湖金色大観音 秋田県

田沢湖金色大観音は秋田県仙北市にある観音像で、高さ35mの大観音様で、鋳造製としては日本一として有名です。台座内には幻想宮殿があり、中の施設では千手観音菩薩等の十二支御守本尊の御仏に参拝出来ようになっています。訪れる人々に開運招福の御利益があるとされています。

キュアアミド

田沢湖金色大観音のパワースポット・見どころ

駒ケ岳を仰ぎ見る総丈35mの大観音は、昭和62年(1987)に開運招運を願って造られ、鋳造の黄金観音像としては日本一の高さを誇る。観音像の台座内には、観音の生い立ちなどを説明する三十三観音堂や、曼陀羅宮などがある。四国霊場・八十八カ所巡拝お砂踏みもできる。

田沢湖

田沢湖

水深423.4mを誇る、日本で一番深い湖です。田沢湖の見どころは、なんと言っても息を飲むほど美しい瑠璃色の湖面です。夏には周辺の木々の緑とキラキラ光る湖面の調和が素晴らしく、冬には白銀の世界の中、風に揺られて静かに波うつ湖が神秘的な景色を見せてくれます。約40分をかけて一周する遊覧船もおすすめです。田沢湖は「たつこ姫伝説」の地でもあり、金色に輝く「たつこ像」がシンボルとして有名です。

田沢湖のご利益

恋愛運、ビューティー運アップ、水の気を持つパワースポット・女性的な優しさを持つパワースポット

岩手山からの龍脈が三ツ石山、烏帽子岳、秋田駒ヶ岳などを経て田沢湖に流れ込んでいる。御座石神社から、たつこ像までの湖畔沿い良い気が流れているとされています。

たつこ像

たつこ像

田沢湖を語る上で欠かせないのが、この地に古くから伝わる「たつこ姫伝説」。昔たつこという名前のとても美しい女性が、「自らの永遠の美貌と若さを保てるように」と大蔵観音にお願いしました。その結果、龍となって田沢湖の底に沈み、湖の主となったそう。その伝説をもとに湖畔につくられたのが、たつこのブロンズ像です。

御座石神社

御座石神社(ござのいしじんじゃ)は、仙北市の田沢湖湖畔に鎮座する神社で、田沢湖の湖神でもある辰子姫を祀っています。慶安3年(1650年)に秋田藩主佐竹義隆公が田沢湖を遊覧した際、腰をかけて休んだことから、「御座石神社」と呼ばれており、朱塗りの鳥居のそばには1本の木から7種類の木が生えた「七色木(なないろぎ)」や、辰子姫が飲んで龍となった「潟頭の霊泉」、辰子姫が姿を映した「鏡石」などもある。御座石神社は「美の守護神」としても知られ、美貌成就のご利益があるとされています。

御座石神社の詳細はこちら

浮木神社

浮木神社(漢槎宮)は、秋田県仙北市の神社で、社殿は白木造りの現代的な感覚。流れついた浮木を祀ったものと言われている。田沢湖の湖畔にある不思議なパワースポットです。 この場所は、美容や縁結びなど辰子姫にまつわるご利益があり、女性の参拝客が多いことでも有名です。田沢湖には美しさを永遠に保ちたいと願った辰子が、この湖を築いたという「辰子姫伝説」が残されています。 

Info

参考URL 【公式】田沢湖金色大観音
アクセス 京都市営地下鉄東西線「二条城」駅下車 徒歩約5分
市バス「堀川御池」下車 徒歩約5分
拝観時間 4月~11月 9:00~17:00
12月~3月 9:00~16:00
拝観料
住所 〒014-1201 秋田県仙北市田沢湖生保内下高野82−117
一覧 秋田県のパワースポット一覧

47都道府県別パワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました