秋田県鹿角市:大湯環状列石(おおゆかんじょうれっせき)

大湯環状列石 秋田県

大湯環状列石(おおゆかんじょうれっせき)は秋田県鹿角市に所在する、縄文時代後期に作られた大型の配石遺跡です。

別名ストーンサークル環状石籬(かんじょうせきり)とも呼ばれます。

国の特別史跡に指定されています。

野中堂環状列石万座環状列石の2つを主体とする大規模な遺跡です。

野中堂環状列石、万座環状列石は石を様々な形に組み合わせた配石遺構が二重の環状を形成しているのが特徴です。

大湯環状列石の存在はSF的な話など様々な噂がありますが、縄文時代に人工的に作られた遺跡だと判明しています。

縄文時代の祭祀施設

大湯環状列石は2つの環状列石によって構成される集団墓であったとされています。

また、隣接する掘立柱建物や周囲から出土した祭祀の遺物などから、葬送儀礼や自然に対する畏敬の念を表す儀式を行った祭祀施設であったと考えられます。

大湯環状列石は縄文時代に人々が祈りと、自然のエネルギーを感じ取ることのできるパワースポットです。

列石ライン上が強力なパワースポット

万座環状列石と野中堂環状列石の中心を結んだ直線は、東は冬至の日の出方向を指し、西は夏至の日没方向を指しています。

  • 万座環状列石はエネルギーが螺旋状に上昇
  • 野中堂環状列石はエネルギー大地へ沈み込むように流れる

2つの列石が交わるライン上が最もエネルギーの流れる強力なパワースポットとされています。

大湯環状列石の属性

大湯環状列石は空属性のパワースポットとされています。

空属性の人は、「浸透性」があります。「空」は空気のような存在です。
そのため、あなたは存在感があり存在感がない不思議な人です。

創造的な能力を持っているのでクリエイターになれる人が多いです。
独自の視点で物事を見て、そのとおりに行動していくのが大切です。

アクセス

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました