秋田県秋田市:三皇熊野神社

秋田県

縁結びのご利益があると人気の三皇熊野神社(さんこうくまのじんじゃ)は、秋田県秋田市にあるパワースポット神社です。

ご祭神は、本宮、里宮共に天照皇大神(あまてらすおおみかみ)、伊邪那岐大神(いざなぎのおかみ)、伊邪那美大神(いざなみのおおかみ)、須佐之男命(すさのおのみこと)を主神とし、配神として稲荷大神、八幡大神をお祀りしています。

江戸時代以前より三光大神として、『日、月、星』をお祀りする神社といわれており、ご祭神を総称し、三皇熊野大神(さんこうくまののおおかみ)と言われています。
『六郷郡邑記』(享保15年 1730)には、当社は「三光宮」との記述があり、また菅江真澄の『遊覧記』(文化12年 1815)にも、「竹原三光宮トテ日月星ヲ斎クニ云々」と記述されており、古くより、三光大神と呼ばれております。

また、ご神紋の三つの輪は、三光大神としての、『日・月・星』の三つの光を現し、古来より神前に額ずき、ご祈願を受けられると、運命光輝くといわれております。
ちょうど当社は、秋田藩主、佐竹氏の久保田城より南西の裏鬼門の方角にあたり、また、牛島は参勤交代で江戸に向かうための交通の要でありました。
当社には、文久年間(1861~1864)に制作された秋田藩主・佐竹氏の五本骨月扇紋が付された獅子頭《猿田彦大神として奉齋された》が伝わっており、古くより、鬼門・方位除け、九曜星厄除と星の巡りによる災難除けの神社として崇敬があり、特に厄除開運、八方除に御利益があるといわれています。

また、古くより『むすび』の神として、縁結び、子授け安産等、私たちの人生に結びついた御利益があるといわれています。

霊水の大木

パワースポットである三皇熊野神社には、霊水の大木(れいすいのたいぼく)と呼ばれるブナの大木があります。別名「逆木(さかさぎ)」とも呼ばれており、境内のなかでも強いパワーを授けてくれるポイントとして知られています。

その昔、霊水の大木の根元に僅かばかりの霊水が湧き出ていたそうです。当時の人たちは、その霊水に病気平癒のご利益があると信じ、分け合ってきたとされています。

御神徳

【御祭神】

天照大御神(あまてらすおおみかみ)
伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)
伊邪那美大神(いざなみのおおかみ)
須佐之男命(すさのおのみこと)

【ご利益】

縁結び、子授け、安産、鬼門・守護・九曜星厄除け、厄除開運、八方除 など

アクセス

JR羽越本線「羽後牛島駅」から徒歩10分
拝観時間  自由
拝観料   無料
住所    秋田県秋田市牛島東2-2-36

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました