岩手県遠野市:続石

岩手県

続石は岩手県遠野市にある奇岩。『遠野物語』の第11話に登場する、幅5m、高さ2m、長さ7mの巨石がたった1本の支柱の上に乗っかっている巨石遺構である。

弁慶が足で持ち上げた石と言われ、続石前の広場が石を持ち上げた後に休んだ「弁慶の昼寝場」とされている。また隣には、弁慶に「私の上に石を置かないで」と泣いて頼んだという泣き石もある。

複数のご利益を授かることのできる盛岡屈指のパワースポットです。

PR
最強ホワイトケア。高純度の美白クリーム。 効果を追求する化粧品ブランド llongy

続石のパワースポット・見どころ

続石(つづきいし)は、岩手県遠野市綾織町にある大きな石が積み上がってできている不思議な巨石群のパワースポットです。 遠野駅から車で10分ほど、国道396号線沿いに駐車場があり、麓にある鳥居をくぐり小道を10数分ほど登ると到着します。

小高い杉林のなかに、古代巨石文化がのこしたものといわれている大きな石があります。二つならんだ石の一方に、幅7メートル、奥行5メートル、厚さ2mほどの巨石が笠石としてのっています。

弁慶がそばの石に笠石をのせたら、位の高い石なのに大石の下になるとは残念だと嘆いたので、いまの石の上におきかえたという話を、『遠野物語拾遣』第11話が伝えています。

泣石

『弁慶がそばの石に笠石をのせたら、位の高い石なのに大石の下になるとは残念だと嘆いたので、いまの石の上におきかえた』という一説がありましたが、大石の下になるとは残念だと嘆いた石がこの「泣石」といわれています。

続石

泣石から少し歩くと目的の続石が見えてきました。高さ2mの台石に幅7m、奥行き5mもの巨石が載っているということで、まじかに見るとかなりの迫力。少し怖いですが、続石は鳥居のようになっているので真ん中に空間があり、巨石の間を通り抜けることもできます。

弁慶の逸話の他に、ドルメンと呼ばれる新石器時代から初期金属器時代にかけて、世界各地で見られる巨石墓の一種でないかとの説もあります。

アクセス

住所    岩手県遠野市綾織町上綾織6地割

岩手のパワースポット一覧

類似のパワースポット

大湯環状列石(おおゆかんじょうれっせき)

大湯環状列石

大湯環状列石(おおゆかんじょうれっせき)は秋田県鹿角市に所在する、縄文時代後期に作られた大型の配石遺跡です。

別名ストーンサークル環状石籬(かんじょうせきり)とも呼ばれます。

国の特別史跡に指定されています。

野中堂環状列石万座環状列石の2つを主体とする大規模な遺跡です。

野中堂環状列石、万座環状列石は石を様々な形に組み合わせた配石遺構が二重の環状を形成しているのが特徴です。

大湯環状列石の存在はSF的な話など様々な噂がありますが、縄文時代に人工的に作られた遺跡だと判明しています。

大湯環状列石の詳細はこちら

大分県宇佐市:佐田京石

佐田京石は、大分県宇佐市の米神山の麓にあるストーンサークル。人間の背丈ほどもある列石で、古代の祭祀場、鳥居の原型、埋納経の標石と様々な説がある。

列石は米神山を中心に数箇所存在し、環状列石(ストーンサークル)の他、ドルメン(支石墓)、水田の中にある傾いた石柱「こしき岩」などがある。「こしき岩」は、上に平らな石が乗っていて、これを取り除くと嵐になる「暴風石」とも言われている。恋愛、金運、仕事運、子宝、開運などにご利益があるとされています。

佐田京石の詳細はこちら

長野県下諏訪町:万治の石仏

万治の石仏(まんじのせきぶつ)とは、長野県下諏訪町東山田字石仏にある石仏である。下諏訪町指定の文化財である。

伝説によると、諏訪大社下社春宮に石の大鳥居を造る為にこの石仏を材料にしようと鑿を入れたところ、傷口から血が出てきた。祟りをおそれる職人たちが、その晩に「上原山に良い石材がある」という夢を見て、探しに行ったところ、見つけることが出来た。職人達はこの石仏を阿弥陀如来として祀った。それに因んでこの辺りに地名が石仏となっている。

芸術家の岡本太郎が訪れて大絶賛したことにより有名となった。ほか新田次郎も賞賛している。

万治の石仏の詳細はこちら

栃木県足利市:名草巨石群

名草巨石群(なぐさきょせきぐん)は、栃木県足利市北部にある巨石群。国の天然記念物。

名草厳島神社境内の弁天沢にあり、祖粒の花崗岩特有の風化状態を示す代表的なもの。巨石群の中には弁慶の手割石、御供石、太鼓石、石割楓、御舟石など名称のついた巨石が散見できる。安産・子宝にご利益があるとされています。

名草巨石群の詳細はこちら

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました