山形県最上郡:庭月観音

山形県
最高濃度のホワイトケアクリーム

[Qoo10] ハイドロキノン2100倍の効果『シムホワイト』最高濃度ホワイトケアクリーム シミくすみトーンアップ

WWW.QOO10.JP

庭月観音(にわつきかんのん)は、山形県最上郡鮭川村にある天台宗の寺院。山号は庭月山。本尊は聖観世音菩薩。正しくは庭月山月蔵院と称するが、一般的に庭月観音と呼ばれている。

鮭川河畔に位置する、最上三十三観音霊場の打ち止めの地であり、境内には、おびただしい数のお札、おいずりが納められている。毎年8月18日に灯籠流しが行われており、庭月観音から鮭川に向けて灯篭が流される。その規模は、仏式としては東日本随一と言われる。

しずく一口飲めば観音様の慈悲に預かれるという観音のお清水(魔除け縄文水)がある。庭月観音の敷地裏には、縄文時代の遺跡が残っており、、昭和63年に資料館建設の際に偶然に発見されたという。ストーンサークル(環状列石)だとされ、パワースポットとして注目されている。子宝・安産・縁結び・厄除け・延命にご利益があるとされています。

庭月観音のパワースポット・見どころ

庭月観音は鮭川の河畔にある天台宗の寺院で、正式には庭月山月蔵院と呼ばれています。その開基は、鮭延城主佐々木秀綱公が城内に円仁(比叡山第二祖慈覚大師)作といわれている聖観音像を安置したことにはじまり、庭月氏の進言で鮭川沿いにお堂が建立され、観音像もそこに鎮座しました。その後戦乱が続き、一時期荒廃したものの、寛文十一年(1671)に新庄藩主戸沢氏が寄付を募り、現在の場所に遷移・再建されたと言われています。

現在では、山形県東部にある三十三箇所の観音菩薩を参拝する、最上三十三観音巡りの打ち止めのお寺として、毎年多くの参拝者が訪れます。

また、庭月観音にある本尊観世音菩薩立像・如来形座像・阿弥陀堂の千体仏・庭月観音堂遺跡の四つが村の文化財にも指定されており、大切な文化遺産として守り継がれています。

百物語

近江・鯰江の城主・佐々木越前守高重が、国替えで出羽に出向し、その姓を鮭延と改め真室城に入り、守護仏の観音像を城内へ安置した。だが家臣の庭月利左衛門広綱が、広く人々の救済のためしかるべき霊地に奉安するように勧めたため、この地にお堂を建て安置し庭月観音と呼ばれるようになった。

最上三十三観音

最上三十三観音をご存知ですか?村山・最上地方には観音様を祀(まつ)るお寺(札所)が三十三カ所あって、その最上三十三観音を巡礼すれば有難いご利益がいただけるとか。

山形の母なる川といえば最上川。調べてみると、この最上川に沿い南は上山市から北は鮭川村まで観音様を祀る札所が点在していました。1番の札所は天童市の若松観音、33番の札所は鮭川村の庭月観音です。

ちなみに県内では最上三十三観音が最も有名ですが、置賜三十三観音、庄内三十三観音もあるそうです。

庭月観音灯ろう流し

毎年8月18日に行われる、仏式では東日本髄一と呼ばれる灯篭流し。ご詠歌や般若心経が奉納され、護摩壇とかがり火が入れられた、供養の灯籠が次々と流されていきます。

護摩壇やかがり火が入れられ、ご詠歌や般若心経が奉納されます。灯篭が鮭川を流れゆくその光景は、見る人すべてを幽玄の世界へと誘います。

庭月観音の御本尊

聖観世音菩薩

庭月観音のご利益

招福・開運・厄除け など

アクセス

JR羽前豊里駅より徒歩30分
JR新庄駅より車20分
住所    山形県最上郡鮭川村庭月2829

山形のパワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました