高知県須崎市:鳴無神社

高知県

鳴無神社(おとなしじんじゃ)は、高知県須崎市にある神社。祭神は一言主命。

本殿・幣殿・拝殿は国の重要文化財に指定されている。参道が海に向かって延びている。

社伝では奈良時代の創建ともいわれている古社。現在の社殿は1663年(寛文3)の再建で、切妻造、柿葺(こけらぶき)の本殿と幣殿(へいでん)、拝殿(はいでん)の3棟からなり、いずれも重要文化財に指定されている。各所に施された極彩色の彫刻も見事。鳥居が海べりに立つ構えから、「土佐の宮島」の名もある。朱塗りの大鳥居も美しい。

毎年8月24日から翌8月25日にかけて夏祭「志那禰祭(しなねまつり)」が行われる。24日は宵祭り(前夜祭)で、25日に本祭が行われる。本祭では祭のクライマックスとして、漁船3隻に神輿を乗せ供船として漁船20を従え大漁旗をなびかせて海上を船渡御が行われる。縁結びのご利益があるとされているパワースポットです。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

アクセス

多ノ郷駅から車で20分
拝観時間  自由
拝観料   無料
住所     高知県須崎市浦ノ内東分鳴無

高知のパワースポット一覧

口コミ掲示板

タイトルとURLをコピーしました