福岡県福岡市:香椎宮

香椎宮 福岡県

香椎宮(かしいぐう)は、福岡県福岡市東区にある神社。四柱の御神体である仲哀天皇、神功皇后、応神天皇、住吉大神を御祭神とする。今は仲哀・神功の二座をまつる。「香椎」の名は敷地内に香ばしい香りの「棺懸(かんかけ)の椎」が立っていた事に由来するという。香椎廟、香椎神宮と呼ばれることもあるが正しくは神宮ではない。これは最寄りのJR九州の駅名が1988年に「香椎神宮駅」とされたことに由来する誤謬である。

現在の建物は、享和元年(1801)に筑前藩主である黒田斉清(くろだなりきよ)が再建したもので、ここだけの様式である香椎造は国の重要文化財に指定されている。

奉納物の中に戦艦攝津の砲身がある。佐世保鎮守府(海軍の機関)より大正12年に奉納されたもの。摂津は明治45年に竣工した河内級戦艦の二番艦として呉で建造された弩級戦艦だったが、大正10年のワシントン条約により武装解除が求められ、その際に撤去された砲身が奉納されたのでは、という説がある。

時の大臣であった武内宿禰(たけうちのすくね)が天皇・皇后に献上する御飯を炊くために利用した名水「不老水」が有名である。日本名水100選に選出されている。

楼門から狛犬まで続く石畳の中で、一枚だけ違う白っぽい色の石があり、パワースポットと言われている。不老長寿・厄除けなどのご利益があるとされています。

【シムホワイト推奨最大配合】
究極の美白クリーム

菖蒲池の弁天様

菖蒲池の弁天様

菖蒲池は香椎八景の1つで、神功皇后が民を救うために池に姿を現したという言い伝えがあります。池の向こうには、弁天様がお祀りされるお社があります。

弁天様のご利益は、財運・開運招福・芸能上達です。七福神のうちのお1人で、琵琶を弾く姿の弁天様はあらゆるご利益を授ける万能の女神様でもあります。

開運の狛犬

開運の狛犬

狛犬と言えば「阿吽(あうん)」です。香椎宮の狛犬は一般的な狛犬とちょっと違い、頭が小さいのが特徴です。

口を開けた「阿(あ)」の狛犬と口を閉じた「吽(うん)」の狛犬がいますが、パワーがあるのは口を閉じた「吽」の狛犬。

口を閉じた「吽」の狛犬に触ると「運をいただける」と言われています。

ご神木の綾杉

香椎宮ご神木の綾杉

楼門を抜け、中門へ向かう途中に、ご神木の「綾杉」があります。この綾杉の樹齢は1800年になるといわれており、生命力の強いパワースポットになっています。
葉が綾のように交互に生えているので「綾杉」と呼ばれるようになったとされています。

神功皇后がこの綾杉を植えられ、末永く日本を見守ってほしいという願いが込められています。神功皇后が自身の魂を込めたと言われ、香椎宮で最強のパワースポットになっています。

不老水

日本名水100選にも選ばれている不老水。この不老水は、昔から病を祓い、不老長寿のご利益があるとされてきました。

仲哀天皇、神功皇后の家臣、武内宿禰(たけうちのすくね)がこの水を飲んで、300年も生きたと伝えられています。

不老水のお水取り

一般の人でもひと家族4リットルまでの制限はありますが無料で不老水を汲むことができ、博多観光の1つとして他府県からも多くの人が訪れています。

不老水は水量が豊富ではなく、ひと家族2リットルのペットボトル2本分までという量的な制限があります。水を汲むときは、マナーを守って採水してください。

1600株のツツジ

ツツジ

香椎宮は花と蛍の名所です。毎年4月から5月にかけて、1600株といわれるたくさんのツツジが咲き乱れます。また、境内にある菖蒲池では6月に菖蒲が見頃を迎えます。香椎宮は九州を代表する花菖蒲の名所としても有名です。

御神徳

【御祭神】

仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)
神功皇后(じんぐうこうごう)
応神天皇(おうじん)
住吉大神(すみよしのおおかみ)

【ご利益】

不老長寿、厄除け、健康運 など

アクセス

香椎宮前駅から徒歩で5分
西鉄バス「香椎宮前」下車
拝観時間  自由
拝観料   無料
住所    福岡県福岡市東区香椎4-16-1

福岡のパワースポット一覧

タイトルとURLをコピーしました