福岡県北九州市:篠崎八幡神社

篠崎八幡神社 福岡県

篠崎八幡神社(しのざきはちまんじんじゃ)は、福岡県北九州市小倉北区にある神社。旧社格は県社。篠崎八幡宮とも呼ばれる。篠崎八幡神社には、次のような故事がある。ヘビの伝説があり、縁結びのパワースポットとしても知られています。

昔、宮尾山の麓の蛇渕というところに悪さを働く一匹の大蛇が棲んでいた。困った村人が篠崎神社の宮司に相談したところ、出雲国にて八岐大蛇を退治した神の御霊をお招きし、お祀りするように、と言われた。そこで祠を建てて祀ったところ、八雲社のお導きにより、大蛇はおとなしく優しい大蛇になった。年頃になった大蛇は、美しい女蛇と出会い恋におちた。ある日、女蛇のところに貴船神の急の使いがやって来て、大蛇に事を告げる間もなく、去ってしまった。事情を知らない大蛇は、女蛇恋しさに紫川左岸の蛇渕(現在の木町付近)の大石に毎夜現われては、その石を枕に大声で泣き続けた。この様子を見兼ねた八雲社の祭神が、大蛇を竜神に姿を変え、女蛇のもとへと導いてやった。

この故事に基づき、石は「蛇の枕石」「夜泣き石」と呼ばれ、恋愛成就のご利益があるとされている。また、力石という霊石がある。

神功皇后が三韓遠征から凱旋し、筑前の宇美で皇子(応神天皇)を出産された。翌年、穴門(長門)の豊浦宮への帰路、鷹尾山の山頂にあった大石(力石)の上に皇子を立たせ、「穴門は近し」と懐かしまれたという。この大石に立ったと伝えられる応神天皇は、その後、立派に成長し、優れた功績を残したことから、「力石」は「立身出世」「子安成長」の御利益があるという。

蛇の枕石

蛇の枕石

「むかし、紫川に悪さをはたらく大蛇が住み着きます。箱崎神社の神職の人に村人が相談すると、八雲の社におまいりすれば悪さをしなくなる」という神託が下ります。その通りにすると大蛇は悪さをしなくなりました。やがて大蛇は女蛇に恋します。2匹は仲良く暮らすようになりますが、女蛇は神さまの使いとして貴船神社にでかけなかなか帰ってきません。残された大蛇は石を枕に毎晩泣き暮らします。その姿を哀れんだ神さまは大蛇を龍神へと変化させます。龍神は女蛇のもとへと向かうことができました。
上記の伝説から、この石に触れると夜泣きを封じるほか、恋愛成就・金運アップ・厄除けのご利益まであるといわれています。

力石

「神功皇后はかつて篠崎神社が鎮座していた鷲尾山に皇子(のちの応神天皇)とともに出かけます。そして山頂で大きな石に皇子をのせ、「穴門は近し」と懐かしみました。このときの大石こそこの力石です。」
上記の伝説から、立身出世や子安成長のご利益を秘めた石といわれています。

摂社・雲龍殿賀茂宮(うんりゅうでんかもぐう)

雲龍殿賀茂宮

ご祭神は賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)市寸嶋比賣命(いちきしまひめのみこと)品田和気命(ほむたわけのみこと)の3柱を祀っています。

ご利益は縁結び・安産・子育・交通安全・厄除けなど暮らしを守る神様として信仰されています。

稲荷神社

稲荷神社

摂社の雲龍殿賀茂宮の隣に鎮座するのが、正一位稲荷大神です。

ご祭神は稲荷の神、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)商売繁盛・五穀豊穣のご利益があります。

宮地嶽神社

宮地嶽神社

この宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)は6社の合併社で(猿田彦社・金毘羅神社・近江稲荷神社・山ノ宮日開社・淡嶋神社・意業社)で46神のご祭神がいます。

御神徳

【御祭神】

応神天皇(おうじんてんのう)
神功皇后(じんぐうこうごう)
中哀天皇(ちゅうあいてんのう)
玉依比賣命(たまよりひめのみこと)
宗像三女神
宗像三女神とは多記理比賣命(たきりひめのみこと)・市寸嶋比賣命(いちきしまひめのみこと)・多岐都比賣命(たきつひめのみこと)を指します。

【ご利益】

立身出世・子安成長・恋愛成就・安産・金運アップ・厄除け

アクセス

南小倉駅から徒歩で10分
拝観時間  自由
拝観料   無料
住所    福岡県北九州市小倉北区篠崎一丁目7-1

福岡のパワースポット一覧

タイトルとURLをコピーしました